「水俣病患者のたたかいと生活をテーマとした写真展」開催@新潟県立環境と人間のふれあい館-新潟水俣病資料館-!

名称未設定-1web
新潟県立環境と人間のふれあい館-新潟水俣病資料館-HPから引用)

熊本水俣病発生から60年、新潟水俣病確認から51年が経ちましたが、被害にあった方々の苦しみは今も続いており、水俣病問題は未だ解決されたとは言えません。
環境と人間のふれあい館では、水俣病写真展の第2部として、水俣病患者のたたかいと生活をテーマとした写真展を開催します。
新潟県立環境と人間のふれあい館-新潟水俣病資料館-HPから引用)

新潟県立環境と人間のふれあい館-新潟水俣病資料館-では、7月10日(日)まで写真展「水俣病患者のたたかいと生活」が開催しています!

展示概要

  • 展示期間:2016年6月1日(水)~7月10日(日) ※月曜休館
  • 観覧時間:9:30~16:30
  • 展示会場:新潟県立環境と人間のふれあい館-新潟水俣病資料館-(新潟市北区前新田字新々囲乙364-7(「ビュー福島潟の隣り)
  • 料金:観覧無料・入場無料
  • 展示内容
    ・新潟や熊本での水俣病の被害、患者の闘い・裁判、当時の生活等をテーマとした写真約20点を展示
    ・展示写真家 桑原史成氏、田代雅章氏、芥川仁氏、小林新一氏
  • 主催:新潟県(新潟県立環境と人間のふれあい館-新潟水俣病資料館-)
  • 協力:それぞれの阿賀展
  • お問合せ:環境と人間のふれあい館(TEL025-387-1450)

アクセスマップ

◆新潟県立環境と人間のふれあい館ホームページ

http://www.fureaikan.net/information/details.php?id=215
「水俣病患者のたたかいと生活をテーマとした写真展」チラシPDF:563KB
http://www.fureaikan.net/sysimg/topics/215.pdf

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀野川流域の教育を、実り豊かにしていくために ◆巻頭言:実り豊かな教育環境を生み出す地域との協働を模索して  新潟水俣病問題が今も続く阿賀野川流域の地域再生を目指して、およそ10年前から始まったFM事業ですが、その間に …

  平成30年度で10回目を迎えるFM事業(阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業)のパネル巡回展。 今回は「貴重な写真でたどる 昭和30~40年代の日本、高度経済成長の光と影 躍進する日本経済の陰で、四大公害が投げ …

カレンダー

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク