「水俣病患者のたたかいと生活をテーマとした写真展」開催@新潟県立環境と人間のふれあい館-新潟水俣病資料館-!

名称未設定-1web
新潟県立環境と人間のふれあい館-新潟水俣病資料館-HPから引用)

熊本水俣病発生から60年、新潟水俣病確認から51年が経ちましたが、被害にあった方々の苦しみは今も続いており、水俣病問題は未だ解決されたとは言えません。
環境と人間のふれあい館では、水俣病写真展の第2部として、水俣病患者のたたかいと生活をテーマとした写真展を開催します。
新潟県立環境と人間のふれあい館-新潟水俣病資料館-HPから引用)

新潟県立環境と人間のふれあい館-新潟水俣病資料館-では、7月10日(日)まで写真展「水俣病患者のたたかいと生活」が開催しています!

展示概要

  • 展示期間:2016年6月1日(水)~7月10日(日) ※月曜休館
  • 観覧時間:9:30~16:30
  • 展示会場:新潟県立環境と人間のふれあい館-新潟水俣病資料館-(新潟市北区前新田字新々囲乙364-7(「ビュー福島潟の隣り)
  • 料金:観覧無料・入場無料
  • 展示内容
    ・新潟や熊本での水俣病の被害、患者の闘い・裁判、当時の生活等をテーマとした写真約20点を展示
    ・展示写真家 桑原史成氏、田代雅章氏、芥川仁氏、小林新一氏
  • 主催:新潟県(新潟県立環境と人間のふれあい館-新潟水俣病資料館-)
  • 協力:それぞれの阿賀展
  • お問合せ:環境と人間のふれあい館(TEL025-387-1450)

アクセスマップ

◆新潟県立環境と人間のふれあい館ホームページ

http://www.fureaikan.net/information/details.php?id=215
「水俣病患者のたたかいと生活をテーマとした写真展」チラシPDF:563KB
http://www.fureaikan.net/sysimg/topics/215.pdf

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀野川流域からの学びを、次世代へ継承していくために ◆巻頭言:地域と連携した学びを後押しする様々な試みを通じて  FM事業(※)では、阿賀野川流域の歴史や文化から様々な環境学習プログラムを生み出し、「あがのがわ環境学習 …

新しい「阿賀の宝もん」を地方創生や次世代へ生かすために ◆巻頭言:「地域の宝もん」に新しい価値を付加する試みを通じて  阿賀野川流域の歴史や文化に刻まれた光と影だけでなく、流域の旬な魅力や光輝く資源の発掘・発信にも注力し …

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク