2017.3.20まで☆新潟県立植物園「にいがたスプリングガーデンショー第2部 チューリップ展」開催中♪

16830725_587697028107606_387585026656246402_nweb

16807038_587697414774234_7206707150301532283_nweb
(上2枚の写真は新潟県立植物園facebookより引用)

植物園の温室が最も華やかになるのは新春から3月です。
今回はにいがたスプリングガーデンショーと題して新潟特産の花をとりあげ、3部構成でその魅力をご紹介します。
第1部のアザレアに続き、第2部はチューリップです。
新潟県は切り花出荷量全国1位、球根出荷量全国2位のチューリップ王国です。
当園の調査にもとづいた日本への導入から日本一の生産地になるまでの歴史を紹介します。
また、珍しい新潟県のオリジナル品種などを展示紹介します。
会場では27品種15,000本(展示期間中総数)をかわるがわる展示します。
早春をカラフルに彩るチューリップをぜひお楽しみください。
新潟県立植物園ホームページより引用)

雪が残る2月後半ですが、春の足音が聞こえてくる「にいがたスプリングガーデンショー第2部 チューリップ展」が、新潟市秋葉区の新潟県立植物園で開催中です♪
新潟県は切り花出荷量全国1位、球根出荷量全国2位のチューリップ王国とのことですが、阿賀野川流域でも五泉市巣本地区新潟市江南区の横越地区などが生産地として有名ですね☆
今年のチューリップ展では、27品種15,000本(展示期間中総数)をかわるがわる展示するとのこと!
一足早い春を体感してみてください♪

展示概要

  • 展示期間:2017年2月22日(水)~3月20日(月・祝)9時30分~16時30分(最終入館16時)
  • 休館日:月曜日
  • 会場:新潟県立植物園 鑑賞温室第2室『花と緑のステージ』(住所:新潟県新潟市秋葉区金津186
  • 入館料:大人600円/65歳以上500円(※生年月日提示)/高校生・学生300円(※学生証提示)/小・中学生100円(※土日祝日無料)詳細はこちらから確認ください!
  • 展示内容:チューリップ27品種15,000本(展示期間中総数)をかわるがわる展示。新潟県が日本一のチューリップ生産地になるまでの歴史展示など。
  • お問い合わせ:新潟県立植物園(電話0250-24-6465)

アクセスマップ


 

◆新潟県立植物園ホームページ

http://botanical.greenery-niigata.or.jp/

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク