ビュー福島潟で展示販売「DROPS 色の重なり 形の連なり 中川なぎさの布仕事」開催中!

146614277695727118177web
ねっとわーく福島潟ブログより引用)

新潟市北区の水の駅「ビュー福島潟」1階ビューショップでは、2016年8月24日(水)まで布小物の展示販売「DROPS 色の重なり 形の連なり 中川なぎさの布仕事」が開催されています☆
また、中川なぎささんの作品が同館「階段ギャラリー」で展示中とのこと!
併せてお楽しみください♪

 新潟市北区出身で、現在は新潟市中央区の沼垂テラスで、家具とコーヒーの店「ISANA」を経営している中川なぎささんの作品を展示販売いたします。
 染め布から作るアクセサリー、様々な布をつぎはいでつくるがまぐちを中心に布小物が揃いました。

中川なぎささん
 新潟市生まれ
 新潟大学教育人間科学部卒業
 奈良にある益久染織研究所にて植物染料での染め織の基本を学ぶ。
 2011年 家具職人の夫とともに「家具とコーヒーの店 ISANA(イサナ)」を
 新潟市中央区沼垂にオープン。
 喫茶店営業をしながら染織製作を続ける。
 2014年から織り教室を開始
ねっとわーく福島潟ブログより引用)

展示概要

  • 展示期間:2016年6月15日(木)から8月24日(水) 9時~16時半
  • 休館日:月曜休館(休館日が祝日の場合は翌日)
  • 会場:水の駅「ビュー福島潟」 1階ビューショップ(住所:新潟市北区前新田乙493番地
  • 展示内容・作家
    ☆布小物・中川なぎささん
  • お問い合わせ:NPO法人ねっとわーく福島潟(電話:025-387-0284)

アクセスマップ

◆NPO法人ねっとわーく福島潟ホームページ

http://www.geocities.jp/fukusimagata/

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀野川流域の教育を、実り豊かにしていくために ◆巻頭言:実り豊かな教育環境を生み出す地域との協働を模索して  新潟水俣病問題が今も続く阿賀野川流域の地域再生を目指して、およそ10年前から始まったFM事業ですが、その間に …

  平成30年度で10回目を迎えるFM事業(阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業)のパネル巡回展。 今回は「貴重な写真でたどる 昭和30~40年代の日本、高度経済成長の光と影 躍進する日本経済の陰で、四大公害が投げ …

カレンダー

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク