第21回福島潟フォトコンテスト作品募集中!

新潟市北区の福島潟は、220種類以上の野鳥、450種類以上の植物が確認されている、野鳥と植物の楽園です☆
特にこの冬の時期には、国の天然記念物の渡り鳥であるオオヒシクイ(雁の仲間)の日本一の越冬地となっており、1月9日には2,300羽も確認されたそう!!
そんな福島潟をテーマとしたフォトコンテストの応募が始まりましたので、ご案内します♪

キャプチャ福島潟フォトコン
(※画僧をクリックするとチラシのPDFが開きます!「第21回福島潟フォトコンテストの応募要項チラシ」より引用)

★募集要項

  • テーマ:福島潟の景観、風物詩、植物、鳥などの自然や、人と潟との関わりを題材にした写真。
  • 撮影期間:平成26年2月16日(日)から平成27年2月15日(日)までの間に撮影したもの
  • 募集期間平成27年1月15日(木)~2月15日(日)必着
  • サイズ等:カラー・モノクロの四ツ切プリント(ワイド判可)で未発表のもの。フィルム・デジタルを問いません。自家プリンタによる印刷は不可となります。
  • 画像加工:トリミングは可能ですが、合成・不要物消去など著しい加工の施された作品の応募はご遠慮ください。
  • 応募点数1人5点まで
  • その他:動植物や環境に悪影響を与えていることが明白な写真は選外となります。
  • 応募先:水の駅「ビュー福島潟」(〒950-3328新潟県新潟市北区前新田乙493番地)/新潟県内フジカラープリント取扱店でも受付/すべての応募作品の裏に応募票を貼りつけてください。
  • 作品返却:選外作品は、応募先経由で返却します。カメラ店経由の応募の場合、必ずカメラ店名を記入してください。郵送の場合は、返信用切手を添付した封筒を必ず同封してください。
  • 問合せ先
  • 水の駅「ビュー福島潟」(電話025-387-1491、FAX025-384-1200)

★審査・発表

  • 審査時期:平成27年2月下旬予定
  • 審査発表:平成27年3月上旬予定
    • 入賞者へ直接通知します。
    • 通知のあった方は原版の提出をもって入賞を確定します。原版は後日返却いたします。デジタル写真の場合は、CD-R・USBメモリ等でデータを提出していただきます。
    • 入賞作品の複製権、展示権および福島潟のPRのために使用する(貸与を含む)権利は新潟市に帰属します。
  • 表彰式:平成27年3月22日(日)午後2時からビュー福島潟6階展望ホールにて

★作品展

  • 展示期間:平成27年3月21日(土)~4月19日(日)
  • 展示会場:水の駅「ビュー福島潟」5階企画展示室

★主催など

  • 主催:新潟市(指定管理者:福島潟みらい連合)
  • 協賛:株式会社新潟フジカラー
  • 後援:公益社団法人新潟県観光協会、公益財団法人新潟観光コンベンション協会、新潟市北区観光協会

キャプチャ第20回フォトコン
第20回福島潟大賞・優秀賞(「水の公園福島潟ホームページ」より引用)

◆水の公園「福島潟」ホームページ
http://www.pavc.ne.jp/~hishikui/

○第21回福島潟フォトコンテスト募集要項などについて
http://www.pavc.ne.jp/~hishikui/event/kikakuten/21st_photo_con_taishouten/21stphotocon/21photocon_oubo_index.html
○第20回福島潟フォトコンテストの入賞作品について
http://www.pavc.ne.jp/~hishikui/photocon/index.html

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀上流域と下流域のつながりの「学び直し」を目指して ◆巻頭言:下流域の水との闘い、上流域の近代産業から、阿賀流域の光と影を学ぶ   このたびは、令和元年台風第19号に伴う災害により、阿賀野川上流域などで被害を受けられま …

阿賀流域の今昔をめぐる多様な「学び直し」を目指して ◆巻頭言:地域の過去や現在を学ぶ中から様々な光と影を再発見する試みを  長く水俣病問題に苦しんできた熊本県水俣市では、90年代初頭から「もやい直し」(※水俣病で壊れた地 …

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク