2009年11月26日

カテゴリー:未分類

シリーズ「阿賀の車窓から」vol.7 磐越西線とっておき車窓その③

こんにちは、磐越西線をこよなく愛するOです。

阿賀にも秋がやってきました。
磐越西線からしか見えない阿賀野川の秋の風景、見つけにきてくださいね。

阿賀の車窓から vol7_写真 _1

さて、今回は磐越西線から見えるちょっと不思議な車窓をご紹介します。

まずは津川駅-鹿瀬駅間。
線路沿いに、ダチョウ牧場なるものがあります!(一瞬しか見えません!)

よく見ると…いた!!

よく見ると…いた!!

なぜダチョウ…?
この牧場はダチョウを見るだけなのか、それとも何か買うことができるのか…?!

次は豊実駅付近。車窓に、なにやらアートのようなものが飛び込んできます。
近くを通る国道には『桃源郷』という看板が。

田んぼとアートの融合!?

田んぼとアートの融合!?

ハートのオブジェがかわいい

ハートのオブジェがかわいい

この“桃源郷”で何人かの人が陽気に楽器を演奏していたのを、SL車内から目撃したことがあります。SLの乗客みんなが観客ですね♪

のどかな車窓の途中で突如現れる、不思議な光景たち。
磐越西線は奥阿賀のちょっぴりミステリーの中を駆けていきます。

※“桃源郷”とは、阿賀町豊実にて彫刻家 佐藤賢太郎さんやその仲間の皆さんの交流の場「コスモ夢舞台」のこと。写真にあるアートは「里山アート展」といって、今回で6回目だそうです。このアート展は残念ながら11月10日にて終了してしまいましたが、また来年が楽しみですね♪

◆コスモ夢舞台ホームページ
http://www.cosmoyume.com/

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀上流域と下流域のつながりの「学び直し」を目指して ◆巻頭言:下流域の水との闘い、上流域の近代産業から、阿賀流域の光と影を学ぶ   このたびは、令和元年台風第19号に伴う災害により、阿賀野川上流域などで被害を受けられま …

阿賀流域の今昔をめぐる多様な「学び直し」を目指して ◆巻頭言:地域の過去や現在を学ぶ中から様々な光と影を再発見する試みを  長く水俣病問題に苦しんできた熊本県水俣市では、90年代初頭から「もやい直し」(※水俣病で壊れた地 …

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク