小田製陶所の「蒸しかまど」が、東急ハンズの新通販サイト「ハンズイッピンマーケット」にて販売開始!

いよいよ、東急ハンズさんの新しい通販サイト「HANDS IPPIN MARKET」(ハンズ イッピンマーケット)が6月2日(月)からオープン!実はここで㈲小田製陶所の蒸しかまどが販売されているのです!

東急ハンズ「ハンズイッピンマーケット」1
(ハンズ イッピンマーケットから引用)

キャプチャ:ハンズイッピンマーケット(小田製陶所1)
(ハンズ イッピンマーケットから引用)

思えば、東急ハンズさんとの出会いは、今年の3月に「ミニ蒸しかまど」が「ニイガタIDSデザインコンペティション」にてIDS賞を受賞した時でした。

ニイガタIDSデザインコンペティション2014ミニ蒸しかまど(小田製陶所)IDS賞受賞1

ニイガタIDSデザインコンペティション2014ミニ蒸しかまど(小田製陶所)IDS賞受賞2

ニイガタIDSデザインコンペティション2014ミニ蒸しかまど(小田製陶所)IDS賞受賞3

何人かの審査委員の先生方に「ミニ蒸しかまど」を高く評価していただき、その中に東急ハンズの役員の方がいらっしゃいまして、その時のご縁がきっかけで今回の新通販サイトへの出品へと至った次第です。

その後、新通販サイトオープンに間に合わせるべく、㈲小田製陶所さんと〔一社〕あがのがわ環境学舎が連携して、東急ハンズさんの全面バックアップのもと準備を進めて参りました!

蒸しかまど撮影1

蒸しかまど撮影2

そして、商品の動画(近日公開予定☆)や写真の撮影、商品情報の作成など様々な作業を経て、何とか新しい通販サイトのオープンに間に合いました!

キャプチャ:ハンズイッピンマーケット(小田製陶所2)
(ハンズ イッピンマーケットから引用)

これが㈲小田製陶所のトップページです!

キャプチャ:ハンズイッピンマーケット(小田製陶所3)
(ハンズ イッピンマーケットから引用)

そして、ミニ蒸しかまどの紹介ページがこれです。 お客様から今後どのような反応があるか、今から楽しみです♪

ちなみに、東急ハンズさんでは、新通販サイト「HANDS IPPIN MARKET」(ハンズ イッピンマーケット)のオープンに当たり、次のようなプレスリリースを出されています。

「HANDS IPPIN MARKET」は、単なるネット通販のプラットフォームを提供するものではなく、既存店の東急ハンズに取り扱いのない流通量の少ない商品やユーザーの興味を引くユニークな商品を中心に、東急ハンズならではの視点で選定し、参加事業者が持つブランドや商品の情報を東急ハンズが顧客視点で編集・作成し、発信することで、「共にお客様への届け方を考え、共に市場を創りあげる」ものです。

従来のネットストアのように、購買メインのサイトではなく、つくり手の想いや物語も伝えるコンテンツメディアのひとつとして探求し、今後は、コラボ商品開発や共同PRの展開、マーケティング考察などを参加事業者と一緒に行い、事業(市場)規模拡大を目指します。

(株式会社東急ハンズホームページより引用)

特に「つくり手の想いや物語も伝える」部分が、従来のモールサイトにはあまり見受けられない特徴で、今後の展開が非常に興味深く感じます。あがのがわ環境学舎では一足早くミニ蒸しかまどの通販サイトをオープンいたしましたが、そこにはない蒸しかまどの物語が綴られた「HANDS IPPIN MARKET」もぜひご覧になられてください!

0602_ippin_730
(ハンズ イッピンマーケットから引用)

◆ハンズイッピンマーケット
https://hands.net/ippin/
O㈲小田製陶所紹介ページ
https://hands.net/ippin/0000036/
O小田式ミニ蒸しかまど(1.5合炊き)紹介ページ
https://hands.net/goods/ippin/2430001193735/
O小田式蒸しかまど(1升炊き)紹介ページ
https://hands.net/goods/ippin/2430001193742/
O小田式蒸しかまど(3升炊き)紹介ページ
https://hands.net/goods/ippin/2430001193759/

ネットショップロゴ◆ミニ蒸しかまど販売サイト (ネットショップ阿賀の宝ものがたり)
http://www.mushikamado.com/

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  平成30年度で10回目を迎えるFM事業(阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業)のパネル巡回展。 今回は「貴重な写真でたどる 昭和30~40年代の日本、高度経済成長の光と影 躍進する日本経済の陰で、四大公害が投げ …

阿賀野川流域からの学びを、次世代へ継承していくために ◆巻頭言:地域と連携した学びを後押しする様々な試みを通じて  FM事業(※)では、阿賀野川流域の歴史や文化から様々な環境学習プログラムを生み出し、「あがのがわ環境学習 …

カレンダー

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク