2013年06月25日

カテゴリー:未分類

阿賀町向鹿瀬「龍蔵寺」の草倉銅山坑夫の墓

来月の7月15日は、阿賀町向鹿瀬の「龍蔵寺」で行われる、草倉銅山坑夫の無縁仏供養の日。
供養には5年前から参加させていただいておりますが、山口冬人さんの6月20日のブログに現在の龍蔵寺の様子が掲載されていましたので、転載してご紹介します!

********************************************
龍蔵寺には沢山の無縁仏が眠っている
草倉銅山鉱夫のお墓と聞いている
現在改修工事が行われていると聞き4,5回ほど見学してきました

IMG_6072

改修前は墓石が倒れていたり傾いたりしていた

IMG_6248

墓石には名前や年号などが書かれている

IMG_8593

改修工事が行われている墓地
お墓は小道の奥にピラミッド形に積まれている

IMG_8602

他の地域でも無縁仏のお墓をこの様な方法で安置するらしい

IMG_8608

積まれたお墓

IMG_8619-70df0

墓地に露草が咲き始めた
露草は雨が似会う花
無縁仏に手を合わせ後にする

IMG_8019-7237e

草倉銅山の帆掛け船が往来した津川川港跡
梅雨入りしたと見られる阿賀町
阿賀野川も少し流れが速い

IMG_8547

この川を沢山の帆掛け船が往来した
今日は川鵜や鴨・鷺に鴉は鳴きながら通り過ぎるだけ

IMG_8522

全身ずぶ濡れの麒麟山
昔は川一面に筏が繋がれたようです
上流からの上川筏はここで大きな筏に組み直され新潟へ運ばれる
昔を知る人も少なくなってきた
聞けるのも今だけと感じる

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

地域再生の取組のデジタル化を加速する機会に ◆巻頭言:阿賀野川流域の新しい側面をオンラインを通じて再発見するために   昨年度は新型コロナウイルスの感染拡大に翻弄され、今年度の前半も深刻な流行が続きました。ワクチンの接種 …

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

カレンダー

2021年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク