2013年06月25日

カテゴリー:未分類

阿賀町向鹿瀬「龍蔵寺」の草倉銅山坑夫の墓

来月の7月15日は、阿賀町向鹿瀬の「龍蔵寺」で行われる、草倉銅山坑夫の無縁仏供養の日。
供養には5年前から参加させていただいておりますが、山口冬人さんの6月20日のブログに現在の龍蔵寺の様子が掲載されていましたので、転載してご紹介します!

********************************************
龍蔵寺には沢山の無縁仏が眠っている
草倉銅山鉱夫のお墓と聞いている
現在改修工事が行われていると聞き4,5回ほど見学してきました

IMG_6072

改修前は墓石が倒れていたり傾いたりしていた

IMG_6248

墓石には名前や年号などが書かれている

IMG_8593

改修工事が行われている墓地
お墓は小道の奥にピラミッド形に積まれている

IMG_8602

他の地域でも無縁仏のお墓をこの様な方法で安置するらしい

IMG_8608

積まれたお墓

IMG_8619-70df0

墓地に露草が咲き始めた
露草は雨が似会う花
無縁仏に手を合わせ後にする

IMG_8019-7237e

草倉銅山の帆掛け船が往来した津川川港跡
梅雨入りしたと見られる阿賀町
阿賀野川も少し流れが速い

IMG_8547

この川を沢山の帆掛け船が往来した
今日は川鵜や鴨・鷺に鴉は鳴きながら通り過ぎるだけ

IMG_8522

全身ずぶ濡れの麒麟山
昔は川一面に筏が繋がれたようです
上流からの上川筏はここで大きな筏に組み直され新潟へ運ばれる
昔を知る人も少なくなってきた
聞けるのも今だけと感じる

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  平成30年度で10回目を迎えるFM事業(阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業)のパネル巡回展。 今回は「貴重な写真でたどる 昭和30~40年代の日本、高度経済成長の光と影 躍進する日本経済の陰で、四大公害が投げ …

阿賀野川流域からの学びを、次世代へ継承していくために ◆巻頭言:地域と連携した学びを後押しする様々な試みを通じて  FM事業(※)では、阿賀野川流域の歴史や文化から様々な環境学習プログラムを生み出し、「あがのがわ環境学習 …

カレンダー

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク