2012年06月08日

カテゴリー:未分類

カガヤキランチ会☆

ワーキングチームメンバーの里村です。
阿賀野川下流域の田んぼでは今、苗がすくすくと元気に育っています。
そんな中、左岸にある新潟市江南区沢海集落で行われた「カガヤキランチ会」に行ってきました。
会場は、北方文化博物館のすぐそばにある新潟市横越農村環境改善センター。そこへ60人ほどの女性が集り、手づくりランチをいただいてきました。

「カガヤキランチ」は、有機無農薬・減農薬の米や野菜を作っている「カガヤキ農園」主宰で年1回開催。カガヤキ農園が経営する直売所のお客さんが主なゲスト。

 カガヤキランチ(縮小版)

この日のメニューは、写真右上から時計回りで、「そら豆と絹さやの米粉ケークサレ」「長芋入りポテトサラダ」「アスパラの豚肉生姜焼き巻き」「ゴボウの唐揚げ」「麩のカツ」「卵焼き」「イチゴ」。会費は800円。ケークサレはスポンジケーキの形ですが、お惣菜です。

カガヤキ農園ではこれからトウモロコシの収穫体験などが行われます。阿賀野川の風の心地よい、北方博物館近くの直売所にいらしてみませんか。

〇カガヤキ農園
所在地:新潟市江南区沢海1-5-8
電話番号:0120-8182-77
URL:http://www.kagayakifarm.com/

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク