2011年05月27日

カテゴリー:未分類

阿賀野市笹神地区のホタルの保護活動

5月25日(水)に、阿賀野市笹神地区でホタルの保護活動を行っているNPO法人里山クリーン新潟の嶋岡さんにお会いしてきました。

嶋岡さん

嶋岡さんはホタルの保護ために粗朶(雑木林から伐採した木の枝)柵を使った小川を300mほど造り、管理しています。

小川のようす

ホタルが生息するには緩やかできれいな水が必要で、水量が多いとホタルも餌であるカワニナも流されてしまうんだとか。
嶋岡さんは造った小川に安野川(阿賀野川の支流で、五頭山の手前の山中に源があり、笹神、水原、京ヶ瀬地域の水田の大切な水源となっている川☆)の水を引き、管理されているそうです。
見せてもらった小川ではカワニナがいっぱいいるのが確認できました!

カワニナ

ホタルの見頃は6月の終わりから7月くらいまで。暑い日にたくさん見られます。
元気なホタルがたくさん飛びますように!

◆NPO法人里山クリーン新潟
http://www.satoyama-clean.join-us.jp/
◆角屋旅館(こちらのページでホタルの保護活動の様子を詳しく見ることができます。)
http://kadoyasan.com/satoyama-clean02hotaru.html

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

注目情報

2017/12/25

大迫力!小阿賀野川の鮭ウライ漁を取材しました★

10月始めあたりから11月下旬か12月上旬あたりまで

阿賀野川で毎年、秋から冬にかけてのシーズンに、たくさんの鮭が漁獲されます★ 鮭と言えば、村上・三面川の鮭が有名ですが、遡上する規模で言えば阿賀野川の方が多いんです! サケ・マスの増殖と採捕は表裏一体 ところで、季節になる …

  平成29年度で9回目を迎えるFM事業(阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業)のパネル巡回展。 今回は「貴重な写真でたどる 阿賀野川の川業(川砂利・漁業・筏流し・船頭)が盛んだったあの頃~川業の隆盛と衰退、新潟水 …

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク