新潟県立大学「連花祭」で水俣病関連展示企画「水俣と阿賀のほとりにて」開催!

1web
(水俣市の旧チッソ工場に電気を送った鹿児島市伊佐市にある曽木水力発電所の遺構にて、放水口の説明を受けている県大生。小谷一明氏提供)

新潟県立大学の10名の学生さんが熊本県水俣市へのフィールドワークなどを通じて学んだ成果を、学園祭「連花祭」で展示します!
また、平岩史行さん企画「それぞれの阿賀展」も併設展示されます!(今年6月に開催した「20年後のそれぞれの阿賀展」の様子はこちら☆
もちろんどなたでも観覧できますので、ぜひ足をお運びください!

展示概要

  • 展示日時:平成27年10月24日(土)・25日(日) 9時30分~17時
  • 会場:新潟県立大学 1号館A 1207教室 (住所:新潟市東区海老ヶ瀬471
  • 展示内容
    水俣病関連展示企画「水俣と阿賀のほとりにて」(新潟県立大学学生制作)
    併設展示企画「それぞれの阿賀展」(平岩史行さん企画)
  • 主催:県大フィールドワーク(水俣)+それぞれの阿賀展・共同グループ
  • お問合せ先:小谷一明准教授  kodani@da2.so-net.ne.jp

アクセスマップ

◆新潟県立大学ホームページ(連花祭2015パンフレット)

http://www.unii.ac.jp/admissions/consultation-briefing/pdf/2015rengasai.pdf(PDF:10.5MB)

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀上流域と下流域のつながりの「学び直し」を目指して ◆巻頭言:下流域の水との闘い、上流域の近代産業から、阿賀流域の光と影を学ぶ   このたびは、令和元年台風第19号に伴う災害により、阿賀野川上流域などで被害を受けられま …

阿賀流域の今昔をめぐる多様な「学び直し」を目指して ◆巻頭言:地域の過去や現在を学ぶ中から様々な光と影を再発見する試みを  長く水俣病問題に苦しんできた熊本県水俣市では、90年代初頭から「もやい直し」(※水俣病で壊れた地 …

カレンダー

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク