新潟県立大学「連花祭」で水俣病関連展示企画「水俣と阿賀のほとりにて」開催!

1web
(水俣市の旧チッソ工場に電気を送った鹿児島市伊佐市にある曽木水力発電所の遺構にて、放水口の説明を受けている県大生。小谷一明氏提供)

新潟県立大学の10名の学生さんが熊本県水俣市へのフィールドワークなどを通じて学んだ成果を、学園祭「連花祭」で展示します!
また、平岩史行さん企画「それぞれの阿賀展」も併設展示されます!(今年6月に開催した「20年後のそれぞれの阿賀展」の様子はこちら☆
もちろんどなたでも観覧できますので、ぜひ足をお運びください!

展示概要

  • 展示日時:平成27年10月24日(土)・25日(日) 9時30分~17時
  • 会場:新潟県立大学 1号館A 1207教室 (住所:新潟市東区海老ヶ瀬471
  • 展示内容
    水俣病関連展示企画「水俣と阿賀のほとりにて」(新潟県立大学学生制作)
    併設展示企画「それぞれの阿賀展」(平岩史行さん企画)
  • 主催:県大フィールドワーク(水俣)+それぞれの阿賀展・共同グループ
  • お問合せ先:小谷一明准教授  kodani@da2.so-net.ne.jp

アクセスマップ

◆新潟県立大学ホームページ(連花祭2015パンフレット)

http://www.unii.ac.jp/admissions/consultation-briefing/pdf/2015rengasai.pdf(PDF:10.5MB)

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀野川流域の教育を、実り豊かにしていくために ◆巻頭言:実り豊かな教育環境を生み出す地域との協働を模索して  新潟水俣病問題が今も続く阿賀野川流域の地域再生を目指して、およそ10年前から始まったFM事業ですが、その間に …

  平成30年度で10回目を迎えるFM事業(阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業)のパネル巡回展。 今回は「貴重な写真でたどる 昭和30~40年代の日本、高度経済成長の光と影 躍進する日本経済の陰で、四大公害が投げ …

カレンダー

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク