ワークショップデザイナー・石本貴之さんが「場づくーる」に投稿した記事を紹介します★

場づくーる

6月5日に開催された「光と影のCSR研修ツアー」もそうですが、昨年から新たに公害学習プログラムの開発・試行を展開しており、その際に三条市在住のワークショップデザイナー・石本貴之さんからご協力いただいています。

IMG_0194
かつての鹿瀬工場を高台より見学
IMG_0297
新潟昭和㈱の現在の排水処理を視察
IMG_0397
ワークショップ中の石本貴之さん

写真はすべて山口冬人氏が撮影

 
今回、その石本貴之さんが公害学習プログラムの開発に関して、日本全国でワークショップなどの場づくりをしている人向けの情報交流サイト「場づくーる」に記事を投稿されましたので、下記URLよりお読みいただければ幸いです★
 

◆外部サイト「場づくーる」投稿記事

対話で学ぶ。「新潟水俣病」と向き合う公害学習プログラム(石本貴之氏)

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク