ワークショップデザイナー・石本貴之さんが「場づくーる」に投稿した記事を紹介します★

場づくーる

6月5日に開催された「光と影のCSR研修ツアー」もそうですが、昨年から新たに公害学習プログラムの開発・試行を展開しており、その際に三条市在住のワークショップデザイナー・石本貴之さんからご協力いただいています。

IMG_0194
かつての鹿瀬工場を高台より見学
IMG_0297
新潟昭和㈱の現在の排水処理を視察
IMG_0397
ワークショップ中の石本貴之さん

写真はすべて山口冬人氏が撮影

 
今回、その石本貴之さんが公害学習プログラムの開発に関して、日本全国でワークショップなどの場づくりをしている人向けの情報交流サイト「場づくーる」に記事を投稿されましたので、下記URLよりお読みいただければ幸いです★
 

◆外部サイト「場づくーる」投稿記事

対話で学ぶ。「新潟水俣病」と向き合う公害学習プログラム(石本貴之氏)

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀野川流域の教育を、実り豊かにしていくために ◆巻頭言:実り豊かな教育環境を生み出す地域との協働を模索して  新潟水俣病問題が今も続く阿賀野川流域の地域再生を目指して、およそ10年前から始まったFM事業ですが、その間に …

  平成30年度で10回目を迎えるFM事業(阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業)のパネル巡回展。 今回は「貴重な写真でたどる 昭和30~40年代の日本、高度経済成長の光と影 躍進する日本経済の陰で、四大公害が投げ …

カレンダー

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク