県内企業向けCSR研修バスツアー参加企業を募集中!(6月5日(金)開催)「昭和電工㈱鹿瀬工場の光と影、そして現在」

CSRツアーチラシ_ページ_1
 
新潟水俣病が公式に確認されてから50年が経過しようとする現在、「一般社団法人あがのがわ環境学舎」と「昭和電工㈱及び新潟昭和㈱」が協働して企業・団体職員向けのCSR研修プログラムを提供しています。今回は参加予定を希望する県内企業さまを対象に、特別にCSR研修バスツアーへご招待します。
 

IMG_0628
IMG_4182---コピー
411排水口

 

「正解のない問い」を考える、新しいCSR研修が体験できます。

 
今年(平成27年)は、工場排水に含まれた有機水銀が阿賀野川に流れ出て被害が発生した新潟水俣病が、昭和40年に公式に確認されてからちょうど50年を迎える節目の年に当たります。

現在、新潟県が官民協働で展開する、阿賀野川流域の再生を目指した取組「阿賀野川え~とこだプロジェクト」(阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業)では、昭和電工㈱及び新潟昭和㈱と協働してCSR研修プログラムを提供しています。この研修プログラムではまず、かつて昭和電工㈱鹿瀬工場が辿った光と影の歴史を現地で学んだ上で、現在の企業取組を視察します。その後、本事例を通じて「正解のない問い」を考えるワークショップを展開し、企業のリスク管理やCSRについて考えを深めて参ります。

他地域ではなかなか体験できない貴重な研修になるかと存じますので、この機会にぜひご参加いただければ幸いです!
 

◆当日スケジュール

スケジュール1 
スケジュール2 
スケジュール3-2
  • ~12:20  新潟駅南口貸切バス乗り場集合
  • 12:30~  新潟駅南口貸切バス乗り場 出発(※昼食はバス内で提供いたします)
  • 13:30~  阿賀町向鹿瀬 到着
  • 13:35~  鹿瀬工場の光と影を辿る現地視察
  • 14:30~  鹿瀬工場の現在の取組を学ぶ視察
  • 15:30~  「正解のない問い」を考えるワークショップ
  • 16:30~  阿賀町向鹿瀬 出発
  • ~17:30  新潟駅南口貸切バス乗り場 到着・解散

 

◆開催概要

●日時:平成27年6月5日(金)13:30 ~16:00( 集合12:20/解散17:30)
●集合・解散:新潟駅南口貸切バス乗り場  ●研修場所:阿賀町向鹿瀬
●参加対象:新潟県内企業
●参加費:無料  ●定員:20名
●申込方法:必要事項(企業名、住所、参加者する全ての方の氏名(ふりがな)と所属及び役職、電話番号、FAX、E-mail)をご記入の上、FAXまたはメールにて下記申込先までお申し込みください(※FAXの場合、送付用紙は必要なくチラシ裏面をそのまま送信願います。E-mailの場合、件名を「6/5CSRツアー申込」としてお送りください)。申込は先着順です。参加可否は申込後すぐにお知らせします。
●申込期限:5月29日(金)
●お問合せ・お申込み先:一般社団法人あがのがわ環境学舎(TEL&FAX:0250-68-5424/メールaganogawa@niigata.email.ne.jp)
●主催:新潟県  ●企画・運営:〔一社〕あがのがわ環境学舎  ●協力:昭和電工㈱&新潟昭和㈱  ●連携:新潟CSR研究会
 

◆アクセスマップ


 
◆「光と影のCSRツアー 昭和電工㈱鹿瀬工場の光と影、そして現在」チラシ(PDF:916KB)
https://aganogawa.info/wp/wp-content/uploads/2015/04/e116e0fcdab3c778a0134c0acb641868.pdf

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  平成30年度で10回目を迎えるFM事業(阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業)のパネル巡回展。 今回は「貴重な写真でたどる 昭和30~40年代の日本、高度経済成長の光と影 躍進する日本経済の陰で、四大公害が投げ …

阿賀野川流域からの学びを、次世代へ継承していくために ◆巻頭言:地域と連携した学びを後押しする様々な試みを通じて  FM事業(※)では、阿賀野川流域の歴史や文化から様々な環境学習プログラムを生み出し、「あがのがわ環境学習 …

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク