「旗野三姉妹 庵地焼陶展」カフェギャラリーやまぼうしで4月5日(日)~14日(火)まで開催!

img-315002752-0001
 
庵地焼」の特徴である黒釉薬が塗られた角物茶器は、使い勝手が良く独特の味わいがありますよね!
皆さんも一度はどこかで目にされたことがあるかもしれません。私の母もコーヒーカップとして使っていました★
 
そもそも、阿賀野市(旧安田町)の「庵地」と呼ばれる地域は、良質な土が豊富に採取できることから、江戸末期から瓦製造や焼き物など窯業が盛んになりました。この「庵地焼」(当初は保田焼)も明治初期に「旗野窯」として始まって代々受け継がれた後、昭和40年代に3代目の子どもたちである3姉妹が跡を継ぎ、全国的にも珍しい「三姉妹の窯」として有名になったそうです。
 
その旗野三姉妹の陶展が、新潟市秋葉区の「カフェギャラリーやまぼうし」さんにて、4月5日(日)~14日(火)にかけて開催されますので、興味のある方はぜひ!
 

「旗野三姉妹 庵地焼陶展」開催概要

  • 開催期間:平成27年4月5日(日)~14日(火)
  • 開催場所:カフェギャラリーやまぼうし(住所:新潟市秋葉区あおば通1-10-9/電話0250-25-1181)
  • 開催時間:9時半~18時
  • 定休日:毎週水曜日
  • 駐車場:あり(4台駐車可)

 

会場マップ


 
◆庵地焼ホームページ
http://www.anchiyaki.jp/
◆カフェギャラリーやまぼうしホームページ
http://www.niitsu.or.jp/~yamabousi/
Oギャラリー展示情報
http://www.niitsu.or.jp/~yamabousi/gallery/gallery.html

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク