雪椿オイルと県産コシヒカリ米粉を入れた「雪椿うどん」完成♪

雪の下で春を待ち、雪どけ後に花を咲かせ、雪国に春を知らせてくれる「雪椿」♪

IMG_6616
山口冬人氏撮影)

そんな「雪椿」は、阿賀町の麒麟山にて世界で初めて発見され、「雪椿」と命名されました☆

2014.4.21現在の麒麟山いこいの森公園雪椿の様子1
(H26.4.21現在の雪椿開花の様子。雪椿発見の石碑も建てられている。@麒麟山いこいの森公園・阿賀町HPより引用))

阿賀町鹿瀬地区には、一山まるごと数万本の原種雪椿で埋まった「角神雪椿園」や雪椿園芸品種の銘木、古木が揃った2千坪に及ぶ雪椿庭園「訪春園」(雪つばきの宿古澤屋所有)などがあり、花の咲く4月中旬~下旬にかけては、遠方からも見に来る方がたくさんいらっしゃいます!

2014.4.21現在の角神雪椿園の様子2
(H26.4.21現在の雪椿開花の様子@角神雪椿園・阿賀町HPより引用))

そして雪椿関連商品もいろいろと発売されていまして…
例えば、石鹸やオイル入浴剤(いずれも新潟大学生協新潟ふるさと村等で販売中!)ですが、
この度、企画からまるまる1年、雪椿うどん(雪椿オイルと県産コシヒカリ米粉を入れたうどん「新潟雪椿物語」)が出来上がったという知らせが、今年1月に新潟雪椿研究会事務局の新潟大学工学部技術部の坂井先生より届きました!
ご紹介が遅くなってしまいましたが、その雪椿うどんがこちら☆

雪椿うどん小

新潟市東区の坂井製粉製麺と新潟大学&新潟雪椿研究会などが協働で製品化した逸品!

気になるお味は…

ツルツルでもちっとした柔らかさがありながらコシがある上等な味。のどごしがよく、冷たくして食べるのがおすすめ。ゴマだれもいける。
新潟日報販売店グループミニコミ誌 にぽにぽvol.36より引用)

とのこと♪
新しい新潟土産としてもいいですね!
購入できる場所は、新潟市中央区下所島のカトウ食材さんとのことですが、詳しくは、坂井製粉製麺(TEL:025-273-5819)にお問い合わせください!

◆新潟雪椿研究会
http://tech.eng.niigata-u.ac.jp/test_wiki/wiki.cgi?page=yukitubakiPJ

◆新潟日報販売店グループミニコミ誌 にぽにぽvol.36(雪椿うどんについて詳しく掲載されています!)
http://www.niponipo.com/pdf/2015w/nipo_15fuyu_5.pdf

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀流域の今昔をめぐる多様な「学び直し」を目指して ◆巻頭言:地域の過去や現在を学ぶ中から様々な光と影を再発見する試みを  長く水俣病問題に苦しんできた熊本県水俣市では、90年代初頭から「もやい直し」(※水俣病で壊れた地 …

注目情報

2019/6/13

【満員御礼!】2019年度 阿賀流域再発見・連続ツアー講座「阿賀野川ものがたり」を開催します!

開催日:7/6、7/7、9/7、9/8、10/26、10/27

申込期限:2019年6月30日17時

  阿賀野川え~とこだプロジェクト(正式名称:阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業/略称:FM事業)では、2019年度は年3回のツアー講座「阿賀流域再発見・連続ツアー講座 阿賀野川ものがたり」を「水との闘い・水の恵 …

カレンダー

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク