2014年04月09日

カテゴリー:未分類

【講演会は5月5日開催!】新潟県立環境と人間のふれあい館-新潟水俣病資料館-ゴールデンウィーク企画 水俣病講演会と写真パネル展を開催します!

leaflet_ページ_1

leaflet_ページ_2

【開催趣旨】
水俣病が熊本で1956年に公式発見されてから9年後、新潟県においても阿賀野川流域で水俣病の発生が確認されました。このころの日本は経済の高度成長を遂げ、社会や人々は豊かさを求めていました。水俣病をはじめとする悲惨な公害は、経済発展に伴って生じた歪みとも言われています。発生から半世紀経った現在でも、認定申請や認定を巡る裁判が続き、差別・偏見がいまだに残っており精神的な苦痛を抱えている方がいます。
新潟県では、その水俣病の経験と教訓を将来に語り継ぎ、偏見の解消、地域の再生融和を図るために、水俣病をテーマとした講演会を開催しています。

【講演会】
◆開催日時:平成26年5月5日(月・祝)13:30~15:30(受付13:00~)
◆講演タイトル:「水俣から未来へ~水俣病患者家族に生まれて 今、私が伝えたいこと~」
◆講師:杉本肇さん(水俣市立水俣病資料館 語り部)
【講師プロフィール】
杉本肇さん(水俣市立水俣病資料館 語り部)
水俣市立水俣病資料館語り部。1961年生まれ。水俣病患者家族。
父は杉本雄さん、母は杉本栄子さん。(栄子さんは2008年死亡)
2008年から水俣市立水俣病資料館の語り部となる。家族が水俣病になったときのこと、子どものころの生活、都会に出て水俣に帰ってきたこと、自分の身体の調子などを語る。
熊本県水俣市袋在住。無添加のいりこなど漁業を営む。
◆入場料:無料
◆申込:事前申込不要

【水俣病写真パネル展】
開館以来、収集した写真や製作したパネルなどを展示します。
◆展示期間:平成26年4月19日(土)~5月31日(土)
◆観覧時間:9:30~16:30(休館日:月曜日、月曜が祝日の場合翌日)

◆講演会及びパネル展の会場はどちらも「新潟県立環境と人間のふれあい館-新潟水俣病資料館-」(住所:新潟市北区前新田字新々囲乙364-7)

大きな地図で見る

◆講演会及びパネル展に関するお問い合せ先
新潟県立環境と人間のふれあい館-新潟水俣病資料館-
住所:新潟市北区前新田字新々囲乙364-7
電話:025-387-1450
チラシのダウンロードはこちら:http://www.fureaikan.net/information/details.php?id=181

新潟県立環境と人間のふれあい館-新潟水俣病資料館-

  • 住所:新潟市北区前新田字新々囲乙364-7
  • 電話:025-387-1450
  • 開館時間:9:30~16:30
  • 休館日:毎週月曜日(月曜日が休日の場合はその翌日)および 年末年始(12月28日から1月4日)
  • 入館料:無料

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク