2013年12月12日

【ひとやすみスポット紹介】高森の丘@新潟市北区高森地区

中腹・大ケヤキ全景
県天然記念物・大きさは県内二番目・樹齢1200年の大ケヤキ

先日、本ブログ記事で紹介した新潟市北区高森の高森イザヤ神楽。それが奉納される舞台となる場所が、本日紹介する「高森の丘」です。天然記念物の大ケヤキや舞殿のある稲荷神社、展望台がある薬師堂など、ひとやすみする散策スポットにピッタリなので、興味があればぜひお立ち寄りください!

高森の丘外観1

阿賀野川の堤防から見える高森の丘です。堤防沿いを走ると、看板がありますので、そこをくだると高森の丘に到着します。

基本 CMYK

さらに近づいてみた高森の丘。中腹と頂上の二段に分かれています。

高森の丘・参道下

参道の下まで到着しました。駐車場も隣接されており、車で来ても安心です。

基本 CMYK

高森の丘の全体地図を見ていると…

高森の丘アヒル1

ん…アヒルさん? なんでここに…!?

高森の丘アヒル2

どうやら、併設の池で飼われている様子。一瞬、保険のCMかと思ってしまいました。

高森の丘・参道

アヒルさんとお別れして、いざ参道の階段を上ります。目指すは中腹☆

中腹・ケヤキと神社と舞殿

中腹には、左から大ケヤキと稲荷神社と舞殿があって壮観です!

中腹・大ケヤキ近景1

大ケヤキの迫力はすごい!ただ残念なことに、樹齢1200年にもなるので病気が進み、現在は支柱で枝を支えています。

中腹・大ケヤキの碑

高さはおよそ20メートルで、県内2番目の大きさだそうです(一番は柏崎市)。

中腹・大ケヤキ近景2

胴回り10メートルのまさに御神木です。いつまでも長生きしてほしいですね。

中腹・稲荷神社と舞殿

稲荷神社と舞殿。

中腹・稲荷神社

中腹・稲荷神社の説明

稲荷神社の歴史は驚くほど古く、奈良時代の初期に創立されています。

中腹・舞殿

舞殿。舞台の土台部分には、様々な神楽舞が写真とともに紹介されています。

中腹・舞殿の説明

中腹・舞殿2

300年間、完成度の高い神楽舞の伝承を、現在も集落で維持し続けているのは、驚きに値しますね。春と秋になれば、舞殿での神楽舞を見ることができます。

頂上・全景

さて、いよいよ頂上に到着です。薬師堂の脇に観音像、その奥に展望台が見えます。

頂上・薬師堂3

薬師堂。最初の建物は1600年代後半に造立されました。1705年には薬師如来再興の入仏供養で「高森イザヤ神楽」が初めて奉納されます。

頂上・薬師堂2

薬師堂の脇の石碑。その奥には、まだモミジが残っていて、きれいでした。

頂上・薬師堂5

石碑の反対側の薬師堂脇には、観音像。その奥には展望台が見えます。

頂上・展望台2

頂上・展望台3

展望台は一休みするには最高の場所です♪ 何と言っても、見晴らしが最高なんです。

頂上・展望台4

頂上・展望台5

わあ!小高い丘からの眺望は格別ですね!ゆっくり時間が流れて、とても癒されます♪

どうでしたか?高森の大祭の時に来て神楽を眺めるのも良いですが、こうして普段のひとやすみスポットとしても、最適ですね☆ 興味がありましたら散策に来てみてください。
 

大きな地図で見る

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀野川流域からの学びを、次世代へ継承していくために ◆巻頭言:地域と連携した学びを後押しする様々な試みを通じて  FM事業(※)では、阿賀野川流域の歴史や文化から様々な環境学習プログラムを生み出し、「あがのがわ環境学習 …

新しい「阿賀の宝もん」を地方創生や次世代へ生かすために ◆巻頭言:「地域の宝もん」に新しい価値を付加する試みを通じて  阿賀野川流域の歴史や文化に刻まれた光と影だけでなく、流域の旬な魅力や光輝く資源の発掘・発信にも注力し …

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク