2013年07月07日

カテゴリー:未分類

”草倉銅山”を知る阿賀野川流域の住民から見た”足尾銅山”レポート

先日、波多野孝さんが足尾銅山に行ってこられたので、その時のレポートをご紹介させて頂きます。

記事の最後に栃木県日光市のHPアドレスを載せておきますので、興味がありましたらそちらをどうぞ♪
********************************************
足尾銅山へ行ってきました。

DSC_0060

突然ですが…
みなさんは、阿賀野川の源流を見たことがありますか?
これがその写真です…

どうでしょう

DSC_0015

源流はとても近いぞ…?

DSC_0017

DSC_0035

DSC_0040

DSC_0041

DSC_0036

何かどこかでみたような写真が続きました。気が付きましたか。
そうです。佐渡金山とよく似た光景ですね。
展示室も含め、ここは、いかに銅が産出して繁栄したかだけを見学するところでした。

入口の「ようこそ足尾銅山観光へ」の看板は、非常に残念に思いました。
鉱毒事件や田中正造に繋がる事柄は、ここでは感じることはできません。

DSC_0066

DSC_0063

足尾精錬所跡

DSC_0055足尾ダム上流

DSC_0051

DSC_0049愛宕下の様子を記した看板
DSC_0069わたらせ渓谷鉄道 足尾駅

DSC_0080
田中正造生家

DSC_0077
分骨地

DSC_0111
雲龍寺境内
4回目の押し出しの出発地
渡良瀬川古岸にあるお寺

DSC_0117
↑阿賀から送った地蔵さま↓

DSC_0120

公害発生地足尾銅山から渡良瀬川を下って、佐野・官林までの長い流域にはたくさんの遺構・施設があって、公害の原点「足尾」を感じることができた。
しかし、新潟側から見ると、足尾銅山復帰のきっかけとなった草倉銅山との関係や、田中正造と吉田東伍との関係については、全く表されていなかった。また、関係者への聞き取りからも、事実関係についての話は聞かれなかった。
今年は田中正造没後百年である。周知されていない「新潟」資料の提供が必要である。

◆栃木県日光市HP
http://www.city.nikko.lg.jp/index.html
〇足尾銅山の世界遺産登録を目指して
http://www.nikko-ashio.jp/

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  平成30年度で10回目を迎えるFM事業(阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業)のパネル巡回展。 今回は「貴重な写真でたどる 昭和30~40年代の日本、高度経済成長の光と影 躍進する日本経済の陰で、四大公害が投げ …

阿賀野川流域からの学びを、次世代へ継承していくために ◆巻頭言:地域と連携した学びを後押しする様々な試みを通じて  FM事業(※)では、阿賀野川流域の歴史や文化から様々な環境学習プログラムを生み出し、「あがのがわ環境学習 …

カレンダー

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク