2013年01月05日

カテゴリー:未分類

流域でのパネルの貸出希望が増えています! その14

1-タイトル横

平成24年度新潟水俣病関連情報発信事業として昨年10月~12月に計4回行われた新潟県立大学主催の公開講座「阿賀野川流域から世界へ」。この間、FM事業で作成したパネルの展示も同時開催されていました!
そして、全4回のパネル展のうちの最終回「草倉銅山の光と影~鉱山(やま)に魅せられた人々~」の展示がいよいよ1月7日(月)から始まります!!2月1日(金)までの開催になります☆
展示期間が長いですので、ぜひぜひ多くの皆さまにご覧になって頂きたく思います。

(下の写真は12月15日の第4回目の公開講座の様子です。第3回目のパネル「阿賀野川と共に生きたあの頃~風土と歴史が織りなす光と影~」が展示されていますね☆)

IMG_1615

IMG_1621

IMG_1600

■阿賀野川流域から世界へ
第4回パネル展「草倉銅山の光と影~鉱山(やま)に魅せられた人々~」
〇期間:1月7日(月)~2月1日(金)
〇会場: 新潟県立大学(新潟市東区海老ケ瀬471) 新学生ホール2階
〇主催:新潟県立大学(お問い合わせ→地域連携センター TEL:025-368-8373)

◆新潟県立大学ホームページ
〇トップページ
http://www.unii.ac.jp/index.html
〇交通アクセス
http://www.unii.ac.jp/campus/index.html

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

地域再生の取組のデジタル化を加速する機会に ◆巻頭言:阿賀野川流域の新しい側面をオンラインを通じて再発見するために   昨年度は新型コロナウイルスの感染拡大に翻弄され、今年度の前半も深刻な流行が続きました。ワクチンの接種 …

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

カレンダー

2021年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク