2012年10月15日

カテゴリー:未分類

10月17日(水)、新潟工科大学で「新潟水俣病講習会」を開催します☆

新潟水俣病が1965年(昭和40年)に発生してから47年が経ちましたが、今でも偏見や中傷がある一方で、無関心による問題の風化も懸念されています。
新潟県(県立環境と人間のふれあい館)では、新潟水俣病への理解を深めていただき、その経験や教訓を将来に伝えていくため、県内各地域で、新潟水俣病講習会を開催します。
17日(水)は中越地区講座として新潟工科大学で開催します。

キャプチャ

〇内容:「新潟水俣病にみる差別と偏見」
講師:環境と人間のふれあい館館長 塚田 眞弘
〇日時:平成24年10月17日(水) 14:40~16:10
〇会場:新潟工科大学 S1大講義室
(柏崎市藤橋1719 TEL:0257-22-8111)
〇参加費:参加費は無料、事前申し込みは不要です。
〇主催:新潟県
〇協力:新潟工科大学
〇お問い合わせ先:新潟県立環境と人間のふれあい館-新潟水俣病資料館-
(新潟市北区前新田字新々囲乙364-7 TEL:025-387-1450)

◆新潟県立環境と人間のふれあい館-新潟水俣病資料館-ホームページ
〇トップページ
http://www.fureaikan.net/
〇お知らせ詳細(リーフレットはこちらからダウンロードできます)
http://www.fureaikan.net/information/details.php?id=159

◆新潟工科大学ホームページ
〇トップページ
http://www.niit.ac.jp/
〇NIITニュース
http://www.niit.ac.jp/news/2012/10/post_573.html
〇大学へのアクセス
http://www.niit.ac.jp/info/outline/access.html

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

地域再生の取組のデジタル化を加速する機会に ◆巻頭言:阿賀野川流域の新しい側面をオンラインを通じて再発見するために   昨年度は新型コロナウイルスの感染拡大に翻弄され、今年度の前半も深刻な流行が続きました。ワクチンの接種 …

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

カレンダー

2021年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク