2012年10月15日

カテゴリー:未分類

10月17日(水)、新潟工科大学で「新潟水俣病講習会」を開催します☆

新潟水俣病が1965年(昭和40年)に発生してから47年が経ちましたが、今でも偏見や中傷がある一方で、無関心による問題の風化も懸念されています。
新潟県(県立環境と人間のふれあい館)では、新潟水俣病への理解を深めていただき、その経験や教訓を将来に伝えていくため、県内各地域で、新潟水俣病講習会を開催します。
17日(水)は中越地区講座として新潟工科大学で開催します。

キャプチャ

〇内容:「新潟水俣病にみる差別と偏見」
講師:環境と人間のふれあい館館長 塚田 眞弘
〇日時:平成24年10月17日(水) 14:40~16:10
〇会場:新潟工科大学 S1大講義室
(柏崎市藤橋1719 TEL:0257-22-8111)
〇参加費:参加費は無料、事前申し込みは不要です。
〇主催:新潟県
〇協力:新潟工科大学
〇お問い合わせ先:新潟県立環境と人間のふれあい館-新潟水俣病資料館-
(新潟市北区前新田字新々囲乙364-7 TEL:025-387-1450)

◆新潟県立環境と人間のふれあい館-新潟水俣病資料館-ホームページ
〇トップページ
http://www.fureaikan.net/
〇お知らせ詳細(リーフレットはこちらからダウンロードできます)
http://www.fureaikan.net/information/details.php?id=159

◆新潟工科大学ホームページ
〇トップページ
http://www.niit.ac.jp/
〇NIITニュース
http://www.niit.ac.jp/news/2012/10/post_573.html
〇大学へのアクセス
http://www.niit.ac.jp/info/outline/access.html

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀上流域と下流域のつながりの「学び直し」を目指して ◆巻頭言:下流域の水との闘い、上流域の近代産業から、阿賀流域の光と影を学ぶ   このたびは、令和元年台風第19号に伴う災害により、阿賀野川上流域などで被害を受けられま …

阿賀流域の今昔をめぐる多様な「学び直し」を目指して ◆巻頭言:地域の過去や現在を学ぶ中から様々な光と影を再発見する試みを  長く水俣病問題に苦しんできた熊本県水俣市では、90年代初頭から「もやい直し」(※水俣病で壊れた地 …

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク