2012年06月24日

カテゴリー:未分類

村松和栗ジャム!

IMG_0697

6月20日(水)、五泉市村松地区の栗農家、川瀬さんご夫妻にお会いしてきました☆
村松地区では大正時代の後半から栗の栽培が始まっており、「新潟県の栗産業発祥の地」なんです!
そして現在は約140軒もの栗農家さんがいらっしゃるとのこと!!
こんなに多くの栗農家さんがいたなんて!さすが県内一の栗の産地ですね!

写真は川瀬さんが丹精込めて作った栗が入った「村松和栗ジャム」☆
各地の栗ジャムを試食し、甘いだけじゃない栗の風味を残したジャムにしたいと、試作を繰り返しながら完成させたとのこと!!
また、栗の栽培方法や研修で行ったヨーロッパでの栗の活用法、栗を求めに来るお客さんとのエピソードなどのお話を聞き、品質の良い栗を作ることはもちろん、お客さんとのご縁を大切にされているんだなと感じ、そんな方の作った栗ジャムだとわかると、さらに食べることが楽しみになりました♪

そして嬉しいお話も!
奥さまは「阿賀野川え~とこだより」をご愛読くださっていました♪
また、まだ早出川ダムがなかった小どもの頃、阿賀野川の支流・早出川でカジカやハヤ、沢ガニなどを「押さえた(捕まえることを「押さえる」と言うんだそうです)」思い出もお聞きしました☆

おまけ↓
ご厚意で、書籍「郷土再発見!ふるさとの誇り100話」をお借りしました!

IMG_0712(圧縮)

村松地区での栗産業についてはもちろん、五泉のさといも「帛乙女(きぬおとめ)」(農家の方々とは何度もロバダンをさせていただきました!)、五泉トゲソの会が守る環境の見張り番「トゲソ」についても書かれていましたよ☆
今日はまさしく「ふるさとの誇り」を再発見した時間となりました!

村松和栗ジャム! 2件のフィードバック

  • 三宅幸代様のコメント: 2012年10月5日

    こんにちは。
    この和栗ジャム、通販していますか?

    • 事務局スタッフ様のコメント: 2012年10月5日

      この度はブログをご覧くださいまして、大変ありがとうございます。
      「村松和栗ジャム」の販売につきましては、販売者である「マロンファーム」の川瀬さんにお問い合わせくださいますようお願いいたします。
      ◆マロンファーム
      電話番号:0250-58-4363(川瀬さん宅)

      川瀬さんによりますと、バニラアイスに和栗ジャムとホイップクリームをのせて食べたり、シフォンケーキに和栗ジャムとホイップクリームを合わせてみたり、和栗ジャムと牛乳で栗スープを作っても美味しいとのことですので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク