【2022.10/1開催】新潟市秋葉区「新津油田熊沢鉱場跡をめぐる地学ハイキング」!


新潟市秋葉区ホームページより引用)
 

(手掘石油井戸)
(煮坪)
(熊沢洞門)

(上写真3点、新潟市秋葉区ホームページ引用)
 

 新津丘陵では、金津、柄目木、滝谷、草水、熊沢、小口、矢代田など多くの地域で石油を産出しており、「新津油田」はこれらの地域を総称しています。
 今回は秋葉公園に近い、かつての熊沢鉱場跡を訪ねる「地学ハイキング」を企画しました。
 新津丘陵の自然も堪能しながら、新津油田の隆盛に思いをはせてみませんか?
新潟市秋葉区ホームページより引用)

 
2022年10月1日(土)に、「新津油田熊沢鉱場跡をめぐる地学ハイキング」が開催されます!
9月22日(木)午前10時からお電話にて申し込みスタート・先着順です☆
新津油田の歴史を体感できるハイキングに、ぜひご参加ください!
 

イベント概要

  • 日時:2022年10月1日(土) 集合時間:8時45分●出発:9時●12時30分終了予定 ※少雨決行
  • 集合場所:秋葉湖駐車場(秋葉公園内)(住所:新潟市秋葉区田家
  • コース(主な見学場所)
    秋葉湖駐車場発(9:00)⇒①田家 3 丁目のガス湧出地 ⇒②熊沢の手掘り井戸 ⇒③林道沿いの地層観察(平層の泥岩、火山灰など)⇒小口境沢の流出原油溜り⇒④高坪の煮坪 ⇒⑤熊沢洞門 ⇒秋葉湖駐車場着・解散(12:30)
    ※行程等は変更になる場合があります。
    ※約4キロメートル(トイレは「秋葉湖駐車場」のみ)
  • 参加資格:中学生を除く15歳以上
  • 定員:先着20名 ※定員になり次第受付終了
  • 参加費:300円(資料代、保険料)
  • 申し込み受付:2022年9月22日(木)午前10時から
  • 申し込み方法:石油の世界館(電話:0250-22-1400)へ電話
  • 持ち物・注意事項:
    ・昼食や飲み物は各自で必ず持参してください。また、筆記用具をご用意ください。
    ・軽登山に適した服装(長袖、長ズボン)、帽子、山歩きしやすい靴等で参加してください。
    ・少雨決行です(雨具をご用意ください)。
    ・当日、体調がすぐれない場合は、参加を見合わせてください。
  • 新型コロナウイルス対策について
    新潟市秋葉区ホームページにて、文書「新型コロナウイルス感染拡大予防について」をよくお読みの上、ご参加ください。参加する際は、同ホームページに掲載の「新型コロナウイルス感染症対策チェックリスト」をご記入の上、当日、受付にご提出ください。
  • お問合せ先:石油の世界館(電話:0250-22-1400)

 

アクセスマップ


 

◆新津油田熊沢鉱場跡をめぐる 地学ハイキング(新潟市秋葉区ホームページ)

https://www.city.niigata.lg.jp/event/shi/event_akiha/geo-hiking.html
○地学ハイキングチラシ(PDF:188KB
https://www.city.niigata.lg.jp/event/shi/event_akiha/geo-hiking.files/2022geo-hiking.pdf
 

◆石油の世界館ホームページ

https://www.city.niigata.lg.jp/akiha/shisetsu/yoka/bunka/sekiyunosekai.html
○里山ビジターセンター・石油の世界館facebook
https://www.facebook.com/satoyamavc/

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病問題が今も続く阿賀野川流域の地域再生を進めるプロジェクト(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)を実施しています。 この事 …

FM事業(阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業)のパネル作品「貴重な写真でたどる 阿賀野川流域 水との闘い・水の恵み~阿賀野川流域の水にまつわる過去・現在・未来~」が、道の駅「阿賀の里」2階(観覧時間:9時~17時 …

カレンダー

2022年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク