【2023.1/31まで開催】昔のくらし展 2022~100年前の生活を体感しよう!~(同時開催:写真展「亀田郷 水と土の記憶」)@新潟市江南区郷土資料館!


 

本展示は、昔のくらし再現、昔のあそび・昔のおもちゃ、これなぁに?(昔の道具)などのコーナーがあります。
実際に昔の道具などに触ったり、遊んだりして100年前の生活を体験しましょう。
また、同時開催の写真展では、かつて芦沼と呼ばれた低湿地で生活した人々の生活文化を紹介します。

※小・中学校の社会科や歴史の授業等、来館や出前授業で対応しています。
新潟市江南区ホームページより引用)

 
新潟市江南区郷土資料館では、2023年1月31日(火)まで、「昔のくらし展 2022~100年前の生活を体感しよう!~」を開催しています!
展示されている道具などは、触ることができたり、遊ぶことができるものもあるそう!ぜひ実際に体験してみてはいかがでしょうか。
また、同期間中、写真展「亀田郷 水と土の記憶」も開催中!先人の生きる力あふれる写真をぜひご覧ください。
 

展示概要

  • 展示期間:2022年8月27日(土)~2023年1月31日(火) ※休館日:毎週金曜日・年末年始(12月29日~1月3日)
  • 観覧時間:10時~19時(ただし、日曜・祝日は17時まで)
  • 会場:新潟市江南区郷土資料館 展示室(住所:新潟市江南区茅野山3丁目1番14号 新潟市江南区文化会館内)
  • 入場料:無料
  • お問い合わせ:新潟市江南区郷土資料館(TEL:025-382-1157)

 

アクセスマップ


 

◆江南区郷土資料館 令和4年度 企画展(新潟市江南区ホームページ)

https://www.city.niigata.lg.jp/event/shi/event_konan/2022kikaku-mukashi.html

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病問題が今も続く阿賀野川流域の地域再生を進めるプロジェクト(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)を実施しています。 この事 …

FM事業(阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業)のパネル作品「貴重な写真でたどる 阿賀野川流域 水との闘い・水の恵み~阿賀野川流域の水にまつわる過去・現在・未来~」が、道の駅「阿賀の里」2階(観覧時間:9時~17時 …

カレンダー

2022年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク