2020年11月09日

【募集期間:2021.3/31まで】第22回新潟水俣環境賞作文コンクールの作品を募集しています!


 

新潟県内の小学校・中学校の児童・生徒の皆さんへ

 
新潟水俣病や新潟県内の自然について思ったこと、身の回まわりの環境について考えたことや体験して感じたことなどを書いてください。皆さんの応募をおまちしています(募集2020年10月1日~2021年3月31日/発表2021年6月)。
 

募集概要

  • 例えば、「新潟水俣病」「住んでいる地域の環境」「新潟の自然(森林・川・湖沼・海と環境問題)」「総合学習等で取り組んでいる環境問題」「水の安全、食の安全」について、体験したことや気づいたこと、考えたことを書いてください。
  • 作文の応募はA4版400字詰め原稿用紙で、小学校1・2年生は600字~800字、小学校3・4年生は800字~1000字、小学校5・6年生は1000字~1200字、中学校1・2・3年生は1200字~1600字です。
  • 優秀賞者には表彰状と図書カード1万円分を贈ります。佳作者には表彰状と図書カード3千円分を贈ります。
  • 応募していただいた方全員に参加賞を贈呈します。
    • お問合せ先:新潟水俣病被害者の会(TEL025-281-2466/FAX025-281-8101)
    • 作文の送付先:〒950-0965新潟市中央区新光町6-2 勤労福祉会館3階 新潟水俣病被害者の会

◆第22回 新潟水俣環境賞作文コンクール作品募集要領PDF:762KB
https://aganogawa.info/wp/wp-content/uploads/2020/11/cf6d1425726c07f04901bbaf63760c39.pdf

第22回作文コンクール表彰式の様子


(写真撮影:新潟水俣病共闘会議)

【参考】第22回新潟水俣環境賞作文コンクール優秀賞受賞作品の全文はこち

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク