【応募締切2019.5/24まで】阿賀町「雪つばきフォトコンテスト作品募集」&「雪つばきとモデル撮影会(要申込・2019.4/13開催)」!


阿賀町観光協会ホームページより引用)
  

阿賀町はユキツバキの発見命名の地
明治39年3月に群立農林学校の教頭丸山忠次郎先生が麒麟山で発見し、東京帝国大学の牧野富太郎博士が鑑定して「ユキツバキ」と命名しました。
阿賀町はユキツバキ自生地の宝庫。
自生する椿のほとんどがユキツバキで、多くの群生を見ることができます。
(チラシより引用)

 
麒麟山いこいの森公園・石碑(雪椿発見の地)

 
角神雪椿園
~国内唯一、一山まるごと数万本の自生種雪椿(原種)


 

 
2019年 阿賀町雪椿まつりが開催されます♪
今回は「阿賀町雪つばきフォトコンテスト作品募集」と「雪つばきとモデル撮影会」のご案内です!
フォトコンテストはどなたでも応募でき、締切は2019年5月24日(金)必着!
撮影条件は、阿賀町内で2019年3月以後撮影された雪椿の花(雪椿の咲いている風景・4月13日の撮影会スナップ等)★合成や多重撮影は不可となります!
そして、2019年4月13日(土)開催の「雪つばきとモデル撮影会」は、申込期限が4月5日(金)までとなっています♪
ぜひ、阿賀町の雪椿の美しさを体感ください!
 

2019年 阿賀町雪つばきフォトコンテスト作品募集要項

  • 応募資格

  •    問いません。

  • 作品について

    1. 未発表作品に限ります。
    2. お一人さま何点でも応募可能です。
    3. 選外作品は新潟フジカラー取扱店を通して返却します。
  • 撮影条件

  •    阿賀町内で2019年3月以後撮影された雪椿の花(雪椿の咲いている風景・4月13日の撮影会スナップ等)合成や多重撮影は不可とします。

  • 応募サイズ

  •    銀塩プリント4切・S4(W4不可)に限り。

  • 応募締切

  •    2019年5月24日(金)必着

  • 応募先

  •    新潟フジカラー取扱店

  • その他

    1. 入賞入選作品の使用権は主催に帰属します。
    2. 入賞入選の原版、デジタルデータはCD等で提出してください。
    3. 表彰式は行いません。
  •    ☆最優秀賞     1点 福泉ペア一泊宿泊券
       ☆雪椿花の部    1点 古澤屋シングル一泊宿泊券
       ☆撮影会の部    1点 古澤屋シングル一泊宿泊券
       ☆新潟フジカラー賞 1点 副賞
       ☆入選       7点 副賞

  • 審査委員

  •    阿賀町・山口冬人・新潟フジカラー・新潟雪椿研究会

  • 発表

  •    本人に直接連絡します。

  • 入賞入選作品展

  •    ○日時:2019年7月1日(月)~7月8日(月)
       ○会場 :つがわ狐の嫁入り屋敷 2階大広間

  • 主催

  •    新潟雪椿研究会

  • 協賛

  •    阿賀町・(一社)阿賀町観光協会・(株)巴山組・(株)北越ファーム・雪つばきの宿 古澤屋・絵かきの宿 福泉・ホテル角神・(株)新潟フジカラー

 

    ★阿賀町 雪つばきとモデル撮影会 概要

  • 日時:2019年4月13日(土)10:00~14:00(雨天時は嫁入り屋敷で開催/受付9:30~)
  • 集合:麒麟山いこいの森駐車場(麒麟山温泉)(住所:)
  • 内容:百花繚乱の雪椿と子どもたち
  • 参加費:2,000円(昼食代・モデル代等)※当日徴収
  • 申込締切:2019年4月5日(金)
  • 申込み・お問合せ先:新潟フジカラー取扱店または山口冬人(TEL&FAX:0254-92-4345)

     

    会場へのアクセス(集合場所の「麒麟山いこいの森駐車場」は麒麟山温泉の向かい側です。)

     

     

 

◆雪つばきフォトコンテスト作品募集&雪つばきとモデル撮影会(阿賀町観光協会ホームページ)

https://www.aga-info.jp/tsubaki/

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

注目情報

2019/6/13

【2019.6/30午後5時まで参加申込受付】2019年度 阿賀流域再発見・連続ツアー講座「阿賀野川ものがたり」を開催します!

開催日:7/6、7/7、9/7、9/8、10/26、10/27

申込期限:2019年6月30日17時

  阿賀野川え~とこだプロジェクト(正式名称:阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業/略称:FM事業)では、2019年度は年3回のツアー講座「阿賀流域再発見・連続ツアー講座 阿賀野川ものがたり」を「水との闘い・水の恵 …

阿賀野川流域の教育を、実り豊かにしていくために ◆巻頭言:実り豊かな教育環境を生み出す地域との協働を模索して  新潟水俣病問題が今も続く阿賀野川流域の地域再生を目指して、およそ10年前から始まったFM事業ですが、その間に …

カレンダー

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク