【2018.6/1~8/26】北方文化博物館企画展「安田瓦と伊藤邸」


北方文化博物館ホームページより引用)
 

北方文化博物館のメイン展示品とも言える”伊藤邸”。明治15(1882)より8年をかけて建設された主屋棟と大広間棟をはじめ、長大な門や蔵、敷地を囲む塀などが順次建てられました。
このたび、これら建造物の屋根に葺かれた『安田瓦(やすだがわら)』に注目します。安田瓦は現在の阿賀野市保田地域にて天保年間(1830頃)より生産の続く名瓦で、耐雪・凍害・塩害など日本海側特有の気候に適した性能を持ち、東北や北海道へも職人とともに渡っています。
本展覧会では、安田瓦協同組合さんによって制作・設置された安田瓦の歴史年表、職人の道具や鬼瓦の図面、型などの展示を通してその特徴や生産行程を紹介します。また伊藤邸修繕の際に一部降ろされた当時の瓦も展示室でご覧いただきます。
伊藤邸の屋根は今も安田の職人たちによってメンテナンスされ、ほとんどが当時の瓦のまま使い続けられています。機械化される以前の手作業によって作り、葺かれた瓦からは職人の息遣いまでが伝わるようです。伝統的な「安田の鉄色」が美しい伊藤邸の安田瓦の世界を、展示と建物そのものを通してお伝え致します。
北方文化博物館ホームページより引用)

 
2018年8月26日(日)まで、新潟市江南区の北方文化博物館では企画展「安田瓦と伊藤邸」が開催されています!
ぜひ足をお運びください。
 

開催概要

  • 期間:2018年6月1日(金)~8月26日(日) 9時~17時
  • 会場:北方文化博物館 集古館一階 企画展示室(住所:新潟市江南区沢海2丁目15番25号
  • 入館料:大人800円/小・中学生400円 ※※小中学生に限り日曜・祝日は無料
  • 主催:一般財団法人北方文化博物館
  • 共催:安田瓦協同組合
  • お問合せ:北方文化博物館(電話025-385-2001)

 

アクセスマップ


 

◆企画展【安田瓦と伊藤邸】(北方文化博物館ホームページ)

http://hoppou-bunka.com/2018/07/11/%E4%BC%81%E7%94%BB%E5%B1%95%E5%AE%89%E7%94%B0%E7%93%A6%E3%81%A8%E4%BC%8A%E8%97%A4%E9%82%B8/
 

◆安田瓦協同組合ホームページ

http://www.yasuda-kawara.jp/

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀上流域と下流域のつながりの「学び直し」を目指して ◆巻頭言:下流域の水との闘い、上流域の近代産業から、阿賀流域の光と影を学ぶ   このたびは、令和元年台風第19号に伴う災害により、阿賀野川上流域などで被害を受けられま …

阿賀流域の今昔をめぐる多様な「学び直し」を目指して ◆巻頭言:地域の過去や現在を学ぶ中から様々な光と影を再発見する試みを  長く水俣病問題に苦しんできた熊本県水俣市では、90年代初頭から「もやい直し」(※水俣病で壊れた地 …

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク