新潟県立大学「連花祭」にて「水俣フィールドワーク・ポスター写真展」ほか開催!

%e5%86%99%e7%9c%9fweb
(曽木発電所の遺構〔鹿児島県伊佐市〕/小谷一明氏提供)

今年も、新潟県立大学の学生が熊本県水俣市へのフィールドワークなどを通じて学んだ成果をポスター・写真展示にまとめ、10月28日・29日に開催される学園祭「連花祭」にて展示します。
 
併せて、平岩史行さんの企画「それぞれの阿賀展」を展示し、29日(日)14時~16時には旗野秀人さんも参加する映画「阿賀に生きる」完成25年記念鼎談~映画がつなぐ今(みらい)~も開催します★
 
どなたでも観覧できますので、ぜひ足をお運びください !

展示概要

  • 展示日時:2017年10月28日(土)・29日(日) 10時~16時
  • 会場:新潟県立大学1号館A1207教室 (住所:新潟市東区海老ヶ瀬471
  • 展示内容
    • 水俣病関連展示企画(新潟県立大学学生制作)
    • 併設展示企画「それぞれの阿賀展」(※平岩史行さん企画)

      10月29日(日)14時~16時には、映画「阿賀に生きる」の仕掛け人・旗野秀人さんも参加する映画「阿賀に生きる」完成25年記念鼎談~映画がつなぐ今(みらい)~も開催

  • 主催:県大フィールドワーク(水俣)+それぞれの阿賀展・共同グループ
  • お問合せ先: 教員 小谷一明 kodani@unii.ac.jp(@マークは半角に直して送信ください)

アクセスマップ

◆新潟県立大学ホームページ

http://www.unii.ac.jp/event-calendar/index.html#day2017102829

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク