【6/23必着】羽越水害復興50年記念事業(阿賀野川・加治川・胎内川水系)「フォトコンテスト」作品募集中!

名称未設定-1web
名称未設定-2web

新潟県ホームページより引用)

 死者96名、行方不明者38名など、甚大な被害をもたらした「羽越水害」から、今年で50年が経過します。

 県北地域では平成10年水害以降、幸いにして大きな水害は発生しておりませんが、住民の防災意識も徐々に薄れている状況です。
 一方で、一昨年の関東・東北豪雨など近年の豪雨は、局地化、激甚化し、想定を超える大雨で多くの命が失われております。
 あらためて、防災対策の必要性を周知するとともに、次世代へ「羽越水害」の教訓を伝承することを目的として、「羽越水害50年記念事業(荒川水系)」と連携し、「羽越水害復興50年記念事業(阿賀野川・加治川・胎内川水系)」を実施します。
新潟県ホームページ:羽越水害復興50年記念事業トップページより引用)

2017年の今年は、1967(昭和42)年8月28日の「羽越水害」から50年の節目の年です。
新潟県では、あらためて、防災対策の必要性を周知するとともに、次世代へ「羽越水害」の教訓を伝承することを目的として「羽越水害復興50年記念事業(阿賀野川・加治川・胎内川水系)」を行っています。
その事業の一環として、「阿賀野川・加治川・胎内川水系」を題材としたフォトコンテストの作品を募集(応募締切は6月23日必着)しています!

★募集要項

  • テーマ
    『阿賀野川・加治川・胎内川水系(※)』を題材としたフォトコンテストを行います。
    河川の豊かな自然や風景、イベントなどをテーマにした作品を募集します。
    ※阿賀野川・加治川・胎内川(以下、「3河川」という)水系とは、3河川と3河川に流れ込む新井郷川や姫田川、逆水川などの支流も含めた呼び方です。
  • 応募規定
    1. 応募用紙1枚につき1点とし、1人何点でも応募できます(入賞は1人1点まで)。
    2. サイズは2Lから四切(ワイド判含む)まで。プリントで応募してください。
    3. 画像処理加工された作品は審査対象外とします。
    4. 応募資格はアマチュアの方で、未発表作品に限ります。なお、未成年の方は、保護者の同意が必要となります。
    5. 人物等が写り、個人が特定できる写真は、本人(被写体)の承諾を得た上で応募してください。
    6. 被写体が未成年の場合は親権者の承諾が必要です。
    7. 応募作品は返却しませんが、選外作品は入賞作品とともに展示することがあります。なお、この場合は特に応募者に連絡はしませんので、あらかじめ御了承ください。
  • 応募締切・応募先等
    1. 応募締切平成29年6月23日(金)(必着)
    2. 応募用紙に題名や撮影場所など必要事項を記載の上、写真裏面に貼付け、フォトコンテスト事務局へ郵送又は直接応募してください。
    3. 応募先・問い合わせ先
      新潟県 土木部 河川管理課内 羽越水害復興50年記念事業実行委員会事務局フォトコンテスト係
      〒950-8570 新潟県新潟市中央区新光町4番地1
      電話 025-280-5413/FAX 025-283-6517
  • 審査・結果発表・表彰
    1. 審査時期:平成29年7月に実施予定
    2. 審査発表:審査後、結果を入賞者へ連絡し、併せて、県・市町村広報及びホームページ等で入賞者氏名、住所(市町村名)、作品名を発表します。
    3. 表彰式:平成29年8月27日(日)に開催予定の記念シンポジウム式典内にて実施予定
    4. 表彰:最優秀賞1点(賞状、賞金5万円)/優秀賞1点(賞状、賞金2万円)/特別賞 数点(賞状、賞金1万円)/入選10点(賞状、商品)/佳作 数点
  • 入賞作品の取扱い
    1. 入賞作品は、受賞後に撮影原版、デジタルカメラの場合は画像データを提出いただきます(フィルムの場合は、事務局でデジタル化した後に返却します。)。
    2. 入賞作品の提出について、指定した期日までに提出いただけない場合は、入賞を取り消す場合があります。
    3. 入賞作品の著作権は、応募者に帰属します。
    4. 主催者は入賞作品を、羽越水害復興50年記念事業、本コンテストの広報活動及び阿賀野川・加治川・胎内川水系等のPRに関する利用(展示、パンフレット、ホームページ、ポスター等)について、無償かつ優先的に使用する権利を保有します。また、使用に当たっては応募者の氏名を明示します(住所(市町村名まで)、題名、撮影場所・河川、コメント等も明示することがあります)。
    5. 主催者は入賞作品の使用の際、サイズ変更、トリミング、色調変更をすることがあります。
    6. 主催者が第三者に入賞作品を貸与する場合は、事前に応募者の承諾を得るものとします。
    7. 入賞作品が他のコンテストでの入賞や印刷物、展覧会などで公表されていることが判明したときは、主催者は入賞を取り消すことがあります。
  • 個人情報の取扱いについて
    お寄せいただいた個人情報は、主催者が適正に管理し、本コンテストの運営に必要な場合や作品の使用に関するお知らせのみに利用します。
  • 主催:羽越水害復興50年記念事業実行委員会(【構成】新潟市、新発田市、五泉市、阿賀野市、胎内市、阿賀町、国土交通省北陸地方整備局阿賀野川河川事務所、国土交通省北陸地方整備局飯豊山系砂防事務所、新潟県)

◆新潟県ホームページ(「羽越水害復興50年記念事業(阿賀野川・加治川・胎内川水系)」ページ)

http://www.pref.niigata.lg.jp/kasenkanri/1356859325757.html
○羽越水害復興50年記念事業(阿賀野川・加治川・胎内川水系)『フォトコンテスト』
http://www.pref.niigata.lg.jp/kasenkanri/1356862505238.html
フォトコンテストチラシ(表面)(PDF形式 276 キロバイト)
http://www.pref.niigata.lg.jp/HTML_Article/699/636/tirashi%201-2,0.pdf
フォトコンテストチラシ(裏面・応募用紙)(PDF形式 145 キロバイト)
http://www.pref.niigata.lg.jp/HTML_Article/919/998/tirashi%202.pdf

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀野川流域からの学びを、次世代へ継承していくために ◆巻頭言:地域と連携した学びを後押しする様々な試みを通じて  FM事業(※)では、阿賀野川流域の歴史や文化から様々な環境学習プログラムを生み出し、「あがのがわ環境学習 …

新しい「阿賀の宝もん」を地方創生や次世代へ生かすために ◆巻頭言:「地域の宝もん」に新しい価値を付加する試みを通じて  阿賀野川流域の歴史や文化に刻まれた光と影だけでなく、流域の旬な魅力や光輝く資源の発掘・発信にも注力し …

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク