ソプラノワンコインコンサート~クリスマスに贈る日本の名曲とアヴェ・マリア@新潟市秋葉区文化会館!

1473759425web

新潟市秋葉区文化会館HPより引用)

2016年12月18日(日)、新潟市秋葉区文化会館で、市民アーティストコラボレーションvol.14「ソプラノワンコインコンサート~クリスマスに贈る日本の名曲とアヴェ・マリア」が開催されます♪
新潟市秋葉区出身のソプラノ歌手 根來加奈さん、ピアニストの田中幸治さんがご出演されます!

コンサート概要

  • 開催日時:2016年12月18日(日)14時~(開場13時半)
  • 開催会場:新潟市秋葉区文化会館ホール(住所:新潟県新潟市秋葉区新栄町4-23
  • 出演:根來加奈(ソプラノ)、田中幸治(ピアノ)
  • 曲目
    叱られて(清水かつら/弘田龍太郎)
    椰子の実(島崎藤村作詞/大仲寅二作曲)
    からたちの花(北原白秋作詞/山田耕筰作曲)
    初恋(石川啄木作詞/越谷達之助作曲)
    宵待草(竹久夢二/多忠亮)
    “つらい運命に涙はあふれ”(歌劇「エジプトのジュリオ・チェザーレ」より G.F.ヘンデル作曲)
    “慕わしき人の名は”(歌劇「リゴレット」より G.ヴェルディ作曲)
    アヴェ・マリア(マスカーニ作曲)
    アヴェ・マリア(グノー作曲)
    カッチーニのアヴェ・マリア(V.ヴァヴィロフ作曲)
    ※曲目は変更になる場合があります、予めご了承ください
  • チケット:全席自由500円(税込)
  • 主催:新潟市秋葉区文化会館   企画制作:トールツリー(株式会社ケイミックス)
  • 電話予約・お問合せ:新潟市秋葉区文化会館(電話0250-25-3301)

 

チケット販売所

◆新潟市秋葉区文化会館
0250-25-3301
◆新潟市江南区文化会館
025-383-1001
◆荻川コミュニティセンター
0250-24-5776
◆ミュージックショップフジヤ
0250-24-0201
◆本の店英進堂
0250-24-1187
◆金津地区コミュニティセンター
0250-25-1101
◆小須戸まちづくりセンター
0250-25-7069
◆ヤマハミュージック新潟店
025-243-4312
◆コンチェルト
025-225-0300

出演者プロフィール

actor1_img_1473317446web

根來 加奈(ソプラノ)
秋葉区出身。新潟県立新津高等学校卒業。高校在学中、新潟県音楽コンクールにて最優秀賞受賞。東京藝術大学音楽学部声楽科卒業・同大学院修士課程オペラ科修了。ザルツブルグのモーツアルテウム国際アカデミー修了。エギルス・ドッティールに師事。その後イタリア・ミラノに渡り、ビアンカマリア・カゾーニに師事。「ドン・ジョヴァンニ」でオペラデビュー。その後、オペラやガラコンサートに多数出演。「第九」「メサイア」等、宗教曲のソリストを務める。リサイタル多数開催。2000年より音楽を皆様の身近にとの思いから独自のトークコンサート『根來加奈リサイタルシリーズ』を主宰。新潟でも定期的にコンサートを行っている。日本の歌にも定評があり、3枚のCDをリリース。二期会会員。現在、東京音楽院講師、八王子音楽院講師、淑徳大学サテライトキャンパス講師。東京と新潟市秋葉区にて声楽教室を主宰し、呼吸法を中心とした発声の基本からの声楽指導を行っている。

actor2_img_1473317446web

田中 幸治(ピアノ)
広島市出身。東京藝術大学大学院修了。アムステルダム・スヴェーリンク音楽院演奏家コース修了。オランダ国家演奏家資格を取得。1998年文部省在外研究員として再度渡蘭。東京、広島、新潟、アムステルダムでのソロリサイタル開催、「田中幸治 plays シューマン」、その他、室内楽、伴奏など幅広い演奏活動を繰り広げる。「大人のためのピアノ講座」、ピアノコンクールの審査など教育活動にも力を注ぐ。現在、新潟大学教育学部音楽科准教授。平成29年度から工学部人間支援感性科学プログラムも担当。

アクセスマップ


 

◆新潟市秋葉区文化会館ホームページ

http://www.akiha-bunka.jp/organize/detail.html?id=2024
~市民アーティストコラボレーションvol.14~ソプラノワンコインコンサートチラシPDF:2.89MB
http://talltrees.jp/upfile/event/25/1473759425.pdf

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀野川流域からの学びを、次世代へ継承していくために ◆巻頭言:地域と連携した学びを後押しする様々な試みを通じて  FM事業(※)では、阿賀野川流域の歴史や文化から様々な環境学習プログラムを生み出し、「あがのがわ環境学習 …

新しい「阿賀の宝もん」を地方創生や次世代へ生かすために ◆巻頭言:「地域の宝もん」に新しい価値を付加する試みを通じて  阿賀野川流域の歴史や文化に刻まれた光と影だけでなく、流域の旬な魅力や光輝く資源の発掘・発信にも注力し …

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク