【2016.10.30まで】阿賀野市・ギャラリー木り香にて「亀田縞作品展-洋服・雑貨」開催♪

kamedajima201610_04
ギャラリー木り香ブログより引用)
 
阿賀野市の五頭温泉郷の近くにある「ギャラリー木り香」さんでは、現在、「亀田縞作品展-洋服・雑貨」を開催中です!

亀田縞(かめだじま)

 「亀田縞」は藍色を基調にした縞模様が特徴です。その起源は江戸時代と言われています。当時、亀田地区を中心とする農村地域では綿花の栽培が行われており、綿織物は農家の作業着として、冬の農閑期は副業として織られていました。
 明治に入り、専業として織物製造を営む機屋(はたや)が増加し、全盛を迎える大正期には関連業種も含め600業者を超え、製品は東北や北海道でも販売されました。昭和になって需要が低迷、また、戦時指定生産の影響で綿糸の入手が難しくなり、その歴史に幕を閉じることになりました。
 それから半世紀、平成17年に2人の職人が、郷土資料館に保存されていた生地の見本帳を参考に「亀田縞」を復活させました。復活した「亀田縞」は、その素材感や伝統的な縞模様が愛され、さまざまな商品となっています。平成26年には「地域団体商標登録制度」に登録されました。
新潟市江南区ホームページより引用)

 
kamedajima201610_03
ギャラリー木り香ブログより引用)

木・金・土・日曜日と祝日がオープン日ということですので、色づく木々を眺めながら五頭温泉郷でゆったり、そしてギャラリー併設のカフェでお茶する、なんて過ごし方はいかがでしょうか♪
 

展示会概要

  • 展示期間:2016年10月6日(木)~30日(日)の木・金・土・日曜日と祝日
  • 観覧時間:10時~16時まで
  • 展示会場:ギャラリー木り香(住所:新潟県阿賀野市 畑江86
  • お問合せ先:ギャラリー木り香(電話0250-47-4360)

 

アクセスマップ


 

◆ギャラリー木り香ホームページ

http://gallerykirika.com/

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク