「Akihaマウンテンプレーパーク(秋葉公園内)を知ろう!遊ぼう!」開催♪

名称未設定-1web
一般社団法人新津青年会議所ホームページより引用)

新潟市秋葉区の秋葉公園内につくられた「Akihaマウンテンプレーパーク」!
6月4日(土)は、実際にプレーパークを体感できるイベントや「日本初の有給プレーリーダー」天野秀昭さんの講演会が開催されます☆

「自分の責任で自由に遊ぶ」をモットーに、地域の皆さんが秋葉公園内に整備した、子どもたちの遊び場「プレーパーク」。
この遊び場をもっと多くの人に知ってもらうため、講演会とイベントを開催します。みんなで一緒に楽しみましょう!
新潟市秋葉区 区役所だより第219号(平成28年5月15日) 1ページより引用)

Akihaマウンテンプレーパークを知ろう!遊ぼう! 概要

  • 内容

    • プレーパークで遊ぼう

        プレーパークは子どもが「遊び」をつくる遊び場です。
        「自分の責任で自由に遊ぶ」をモットーにのびのびと思い切り遊べるこの遊びは2015年に地域の皆さんと一緒に秋葉公園内に整備をしました。今回は地域の皆さんにこのプレーパークを知っていただこうとイベントを企画しました。ぜひ、見て・聞いて・遊んで、みんなで一緒に楽しみましょう!!(チラシより引用)

      • 日時:2016年6月4日(土) 12:00~15:00(受付は11:30から)  ※雨天決行
      • 会場:秋葉公園の動物広場前(住所:新潟市秋葉区新津3丁目7383番地4ほか
      • 内容:①昼食 山賊カレーを食べよう ②冒険宝探し ③プレーパークで遊ぼう
      • 服装・持ち物:天候にあった汚れてもいい服装。帽子、水筒、タオルを持参。
      • 参加費:無料
      • 対象者:秋葉区を中心とした一般市民
      • 定員:先着150人
      • 申込方法:5月28日(土)までに、所定の申込書に必要事項を明記のうえ、(一社)新津青年会議所に持参(新潟市秋葉区新津本町3-1-7新津商工会議所内)またはFAX(0250-25-2332)
      • 主催:一般社団法人新津青年会議所
      • 共催:NPO法人アキハロハスアクション
      • 後援:秋葉町内会、新潟市、新潟市教育委員会
      • 問い合わせ先:(一社)新津青年会議所(電話0250-22-0121)
      • チラシダウンロード:http://www.niitsu-jc.com/2011/wp-content/uploads/2016/05/34b5713bf481986657c7af16e1481879.pdf
      • 申込用紙ダウンロード:http://www.niitsu-jc.com/2011/wp-content/uploads/2016/05/241296a0defbff4c0b8e2b5b4b09e5a0.pdf
      • 秋葉公園へのアクセス

      • 秋葉区自治協議会提案事業 プレーパーク講演会

           「日本初の有給プレーリーダー」天野秀昭さんを講師に迎え、子どもにとっての遊び場の大切さを学びます。

        • 日時:2016年6月4日(土) 10:00~11:30
        • 会場:新津健康センター はつらつホール(住所:新潟市秋葉区程島1979−4
        • 内容:天野秀昭さんの講演会
        • 参加費:無料
        • 定員:先着150人
        • 申込方法:5月23日(月)から、はがき、ファクス、電子メールのいずれかに、(1)参加人数(2)代表者の住所・郵便番号・氏名・電話番号 を明記のうえ、秋葉区地域課(郵便番号956-8601 住所記載不要、ファクス:0250-22-0228、電子メール chiiki.a@city.niigata.lg.jp )まで。
        • 問い合わせ先:新潟市秋葉区 地域課 企画係(電話0250-25-5672)
        • 新津健康センターへのアクセス

      •  

        ◆新潟市秋葉区 区役所だより第219号(平成28年5月15日) 1ページ

        https://www.city.niigata.lg.jp/akiha/kohoshi/kouhou/h28/akiha_0515/akiha_219_1.html

        コメントする

        日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀野川流域からの学びを、次世代へ継承していくために ◆巻頭言:地域と連携した学びを後押しする様々な試みを通じて  FM事業(※)では、阿賀野川流域の歴史や文化から様々な環境学習プログラムを生み出し、「あがのがわ環境学習 …

新しい「阿賀の宝もん」を地方創生や次世代へ生かすために ◆巻頭言:「地域の宝もん」に新しい価値を付加する試みを通じて  阿賀野川流域の歴史や文化に刻まれた光と影だけでなく、流域の旬な魅力や光輝く資源の発掘・発信にも注力し …

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク