写真家・今森光彦さんがゲスト!「秋葉区の里山を知り、未来へつなげよう」開催!

名称未設定-1
新潟市秋葉区文化会館ホームページより引用)

新潟市秋葉区の魅力の一つ、里山を広く親しんでもらう講演会!
「里山を撮らせたらこの人」と呼び声高い写真家の今森光彦氏をお迎えします。
(チラシより引用)

新潟市秋葉区文化会館を会場に、「秋葉区の里山を知り、未来へつなげよう」が開催されます!
秋葉区には、にいつ丘陵をはじめ里山をフィールドに活動している団体が多くあり、その内の一つ、「朝日の森の会」さんにもお話を伺ったことがあります!
そのような秋葉区の里山での取り組み事例の紹介に加え、
「里山を撮らせたらこの人」と言われる、写真家・今森光彦さんの「里山を楽しむ」と題した講演会もあります!
入場は無料ですが、整理券が必要です。
ご興味のある方はぜひご参加ください!

イベント概要

  • 開催日時:平成28年3月20日(日) 13時~14時40分(開場12時30分~)
  • 会場:新潟市秋葉区文化会館 ホール(住所:新潟県新潟市秋葉区新栄町4-23
  • 内容
    ☆13:00開演
    秋葉区長あいさつ
    秋葉区の里山に関する取組み事例紹介
    講師紹介

    ☆13:00~
    今森光彦さんによる講演「里山を楽しむ」

    ☆14:40終演予定

  • 料金:無料(ただし、整理券が必要)
  • 主催:新潟市秋葉区文化会館   共催:新潟市秋葉区、新潟市秋葉区文化会館、新潟薬科大学、新津商工会議所   企画制作:トールツリー(株式会社ケイミックス)、新潟市秋葉区
  • お問合せ:新潟市秋葉区文化会館(電話0250-25-3301)

actor1_img_1454048708

◆今森 光彦氏 プロフィール
1954年、滋賀県生まれ。写真家。琵琶湖をのぞむ田園風景の中にアトリエを構え活動する。自然と人との関わりを「里山」という空間概念で追い続ける。また、自然のかたちをハサミひとつで鮮やかに切り出すペーパーカットアーティストとしても知られる。写真集に『里山物語』、(新潮社)、『湖辺』(世界文化社)、『世界昆虫記』(福音館書店)、写真文集に『萌木の国』(世界文化社)、『里山を歩こう』(岩波書店)、写真絵本に『神様の階段』(偕成社)など多くの著書がある。第20回木村伊兵衛写真賞、第28回土門拳賞、第56回小学館児童出版文化賞、第42回産経児童出版文化賞大賞など数多くの賞を受賞。

(今森光彦氏の写真及びプロフィールは新潟市秋葉区文化会館ホームページより引用)

整理券配布場所

◆新潟市秋葉区文化会館
0250-25-3301
◆秋葉区役所 産業振興課
0250-25-5687
◆荻川コミュニティセンター
0250-24-5776
◆里山ビジターセンター
0250-22-6911
◆本の店英進堂
0250-24-1187
◆金津地区コミュニティセンター
0250-25-1101
◆小須戸まちづくりセンター
0250-25-7069
◆新津地域交流センター
0250-21-4444
◆新潟市江南区文化会館
025-383-1001
◆中央区役所 区民生活課
025-223-7168

アクセスマップ

◆新潟市秋葉区文化会館ホームページ

http://www.akiha-bunka.jp/organize/detail.html?id=1709
○「秋葉区の里山を知り、未来へつなげよう」チラシ(PDF:901KB
http://talltrees.jp/upfile/event/25/1454319119.pdf

◆あきは発 里山冒険王

http://www.specialsite.city.niigata.jp/akihaku/

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

掲載が大変遅くなってしまい申し訳ありませんが、2018年6月15日の19時~19時半に撮影した瓢湖のあやめ園のライトアップの様子をお届けします☆ だんだんと暮れていく様子をお楽しみください♪(今回も撮影は波多野孝さんです …

今年で7回目になる人気企画「親子で行く!阿賀野川“ほんもの体験”ツアー」(新潟市主催)☆ 平成30年度は7月29日(日)に開催します! 7月1日(日)まで参加者を募集中☆対象は新潟市内の小学5・6年生の親子です!  「O …

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク