冬の福島潟を楽しもう♪体験しよう♪「福島潟ウインターフェスタ」開催!

mainillust

1-d(ゆるキャラ「クイクイ」)
1-b(潟のごっつぉ体験)
1-g(福島潟バードウオッチング)
1-f(バードカービング教室)
1-e(雁晴れコンサート)
1-c(潟の恵み工作教室)

(イラスト及び写真6点は「北区役所だより 第208号(平成27年12月6日) 1ページ」より引用)

 冬の福島潟は、天然記念物のオオヒシクイをはじめとする、さまざまな冬鳥が集まり、にぎやかさと共に、自然の厳しさや美しさを体感できる絶好の季節です。
 また冬鳥だけでなく、潟に寄り添って暮らす地元の人たちにとっても、冬の潟は貴重な食料の源となっています。
 新潟の原風景である冬の潟を舞台に、冬鳥の生態や地域の食文化など、多くの人に潟の魅力知ってもらうため、「福島潟ウインターフェスタ」を開催します。生き物たちを包み込むような優しさと厳しさを合わせ持つ、自然豊かな冬の福島潟を体験してみませんか。
 皆さんのお越しをお待ちしています。
北区役所だより 第208号(平成27年12月6日)より引用)

1月17日は、新潟市北区の「ビュー福島潟」を会場に「福島潟ウインターフェスタ」が開催されます!
天然記念物のオオヒシクイを始め、冬鳥たちが集まる福島潟にぜひお出かけください♪

イベント概要

  • 開催日時:平成28年1月17日(日)午前9時~午後4時30分(オオヒシクイ案内所のみ午前6時30分~午前8時)
  • 開催会場:水の駅「ビュー福島潟」(住所:新潟市北区前新田乙493番地
  • 当日のイベント内容

    • オオヒシクイ案内所

        冬の早朝、福島潟を飛び立つオオヒシクイを観察します。

      • 会場:野鳥観察舎「雁晴がんばれ舎」
      • 時間:午前6時30分から午前8時まで
      • 参加費:無料、双眼鏡の貸し出しあり
      • 申し込み:不要、直接会場へ
    • 福島潟ものづくり教室

        バードカービング教室(有料、要申込)
        木彫りの野鳥を作ります。

      • 会場:ビュー福島潟2階会議室
      • 時間:午前9時から午後4時30分まで
      • 参加費:1人500円
      • 定員:20名(小学生以下は保護者要同伴)、要申込
      • 申し込み:水の駅「ビュー福島潟」(電話:025-387-1491)
      • 主催:豊栄鳥彫会
      • 潟の恵み工作教室
        潟の素材を使って作品を作ります。

      • 会場:ビュー福島潟 地下工作室
      • 時間:午前10時から午後3時まで
      • 参加費:無料
      • 申し込み:不要
      • 協力:福島潟めぐみの会(工芸)、福島潟染めの会(染め物)
    • 福島潟バードウォッチング

        福島潟を散策しながら様々な冬鳥を観察し、越冬の様子や生態を学びます。

      • 会場:水の公園福島潟
      • 時間:午前10時から正午まで
      • 参加費:無料、双眼鏡の貸し出しあり
      • 申し込み:不要、ビュー福島潟1階エントランス集合
    • 福島潟ごっつぉ祭り

      • 会場:ビュー福島潟エントランス付近
      • 時間:午前11時から午後2時まで
      • 潟のごっつぉ体験:地元で愛されてきた郷土料理を先着300食限定で無料提供します。(運営:新鼻甲一自治会)
      • オニバス潟鍋:オニバスの茎を使った福島潟オリジナル鍋を先着150食限定で無料提供します。(運営:ときことピクニック隊)
    • ゆるキャラ「クイクイ」と仲間たちと遊ぼう!

        「オオヒシクイ」が北区の鳥に制定されてから1年が経ちました。ゆるキャラ「クイクイ」たちと遊んで、1周年を楽しくお祝いしましょう!

      • 会場:ビュー福島潟6階展望ホール
      • 時間:午後1時から午後2時まで
      • 出演:クイクイ、レルヒさん、その他当日のお楽しみ
    • 主催:新潟市
    • 協力:福島潟みらい連合、新鼻甲一自治会、鳥彫会、福島潟めぐみの会、福島潟染めの会、ときことピクニック隊ほか
    • お問合せ先:北区役所地域課文化・スポーツ係(電話025-387-1195)

     

    会場へのアクセス


     

    ◆新潟市北区ホームページ

    https://www.city.niigata.lg.jp/kita/event/kanko/H280117W-fes.html

    コメントする

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  平成30年度で10回目を迎えるFM事業(阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業)のパネル巡回展。 今回は「貴重な写真でたどる 昭和30~40年代の日本、高度経済成長の光と影 躍進する日本経済の陰で、四大公害が投げ …

阿賀野川流域からの学びを、次世代へ継承していくために ◆巻頭言:地域と連携した学びを後押しする様々な試みを通じて  FM事業(※)では、阿賀野川流域の歴史や文化から様々な環境学習プログラムを生み出し、「あがのがわ環境学習 …

カレンダー

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク