「~豪農 伊藤家コレクション~中国・韓国の陶磁展」開催中!

名称未設定-1web
名称未設定-2web

北方文化博物館ホームページより引用)

 北方文化博物館は、越後随一の豪農伊藤家が明治15年から8年をかけて建てた邸宅とその庭園を保存・公開しています。
 このたびは、戦後、博物館としてスタートするにあたり、購入された中国・韓国のコレクションの中から約30点を展示致します。伊藤家の暮らしの記憶が息づく館にてコレクション作品の新たな魅力を発信します。
北方文化博物館ホームページより引用)

新潟市江南区の北方文化博物館を会場に、「中国・韓国の陶磁展」が開催されています!
北方文化博物館の紅葉の見ごろは11月に入ってからとなりそうとのことですが、紅葉狩りをかねていがかでしょうか♪

展示概要

  • 展示日時:平成27年10月18日(日)~12月20(日)9時~16時30分(10月中は17時まで)
  • 会場:北方文化博物館(住所:新潟市江南区沢海2丁目15-25
  • 内容:戦後、博物館としてスタートするにあたり、購入された中国・韓国のコレクションの中から約30点を展示
  • その他:本展は、東アジア文化都市2015新潟市事業として新潟市新津美術館で開催する「中国・韓国陶磁展愛知県陶磁美術館所蔵品による」との連携企画です。
  • 入館料
    大人:(個人)800円、(団体)700円
    小学生・中学生:(個人)400円、(団体)300円(※小・中学生は日曜日・祝日は入館無料)
    障がい者:個人料金の半額(障がい者1名に対し付添人1名は半額)証明書の提示が必要
    高校・大学生及び70歳以上:大人団体料金(証明書の提示が必要)
    ※料金は消費税込み ※団体は20名様以上
    ※新津美術館「中国・韓国陶磁展」の観覧券(半券)をお持ちの方は、当館の入館料が2割引きになります。(他割引券との併用不可)
  • お問い合わせ:北方文化博物館(電話025-385-2001)

アクセスマップ

◆北方文化博物館ホームページ

http://www.hoppou-bunka.com/top.html

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀上流域と下流域のつながりの「学び直し」を目指して ◆巻頭言:下流域の水との闘い、上流域の近代産業から、阿賀流域の光と影を学ぶ   このたびは、令和元年台風第19号に伴う災害により、阿賀野川上流域などで被害を受けられま …

阿賀流域の今昔をめぐる多様な「学び直し」を目指して ◆巻頭言:地域の過去や現在を学ぶ中から様々な光と影を再発見する試みを  長く水俣病問題に苦しんできた熊本県水俣市では、90年代初頭から「もやい直し」(※水俣病で壊れた地 …

カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク