ビュー福島潟にて「昭和30年代展~みらいへの潟ものがたり~」開催中!

現在、ビュー福島潟にて昭和30年代の福島潟の自然や、潟と人々との暮らしをテーマとした企画展が開催されています!
福島潟の未来を考えてみませんか?

キャプチャ30年代展

社会が高度成長期にさしかかる昭和30年代。
福島潟や周辺の環境、潟にかかわる人の暮らしの視点からその時代の「もの」「こと」「ひと」をみつめてみます。
平成2年の福島潟自然生態園整備事業からリーディングプロジェクトで描こうとした姿、思いと汗、笑顔。
そして今、「温故知新」懐かしむだけではない当時の知恵や技を知り、福島潟の「自然文化」の未来を探ります。
ビュー福島潟ホームページから引用)

イベント概要

  • 展示期間:平成27年9月5日(土)~10月4日(日) 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
  • 展示会場:水の駅「ビュー福島潟」 5階企画展示室(住所:新潟市北区前新田乙493番地
  • 入館料:一般400円、小中高生200円(ビュー福島潟年間会員は無料)
  • 休館日:毎週月曜日(月曜が休日の場合は翌日)
  • お問合せ・お申込み先:水の駅「ビュー福島潟」(TEL:025-387-1491)

 

アクセスマップ


 

◆水の駅「ビュー福島潟」ホームページ

http://www.pavc.ne.jp/~hishikui/event/kikakuten/showa30s/index.html

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀上流域と下流域のつながりの「学び直し」を目指して ◆巻頭言:下流域の水との闘い、上流域の近代産業から、阿賀流域の光と影を学ぶ   このたびは、令和元年台風第19号に伴う災害により、阿賀野川上流域などで被害を受けられま …

阿賀流域の今昔をめぐる多様な「学び直し」を目指して ◆巻頭言:地域の過去や現在を学ぶ中から様々な光と影を再発見する試みを  長く水俣病問題に苦しんできた熊本県水俣市では、90年代初頭から「もやい直し」(※水俣病で壊れた地 …

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク