環境と人間のふれあい館開館14周年記念講演会 「新潟水俣病が教えてくれたもの」開催レポート!

7月26日に開催された“環境と人間のふれあい館開館14周年記念講演会 「新潟水俣病が教えてくれたもの」”について、あがのがわ環境学舎の研究員兼管理人の波多野孝さんが取材し記事にまとめてくださいましたので、ご紹介いたします!

*****************

DSC_0654

DSC_0655
(県立環境と人間のふれあい館-新潟水俣病資料館-館長の塚田眞弘さんあいさつ)

2015年7月26日、環境と人間のふれあい館で、開館14周年記念講演会が行われた。
学生、患者、一般、市・県関係者など60名が参加した。
テーマは「新潟水俣病が教えてくれたもの」~水俣病患者に寄り添って~で、長年患者を支援してきた各方面5名によるパネルディスカッションが行われた。

DSC_0657
(パネルディスカッションの様子)

医師や患者支援者の立場から、発生当時から現在までの活動内容や成果、ジレンマ等について語った。
まとめとして医師は「活動を通してたくましさを教えてもらった」、患者支援者は「患者さんとじっくり付き合うことが重要」と話した。また、患者団体の会長は「大きな希望と夢を持つ子どもに対し、責任がある。何も悪いことはしていないので、委縮して生活する必要はない」、「大勢で頑張ることの意義は大きい。子どもと接することは喜びであり、生きる励みになる」と結んだ。

◆新潟県立環境と人間のふれあい館-新潟水俣病資料館-
http://www.fureaikan.net/

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀上流域と下流域のつながりの「学び直し」を目指して ◆巻頭言:下流域の水との闘い、上流域の近代産業から、阿賀流域の光と影を学ぶ   このたびは、令和元年台風第19号に伴う災害により、阿賀野川上流域などで被害を受けられま …

阿賀流域の今昔をめぐる多様な「学び直し」を目指して ◆巻頭言:地域の過去や現在を学ぶ中から様々な光と影を再発見する試みを  長く水俣病問題に苦しんできた熊本県水俣市では、90年代初頭から「もやい直し」(※水俣病で壊れた地 …

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク