【8/10~31会期延長!】咲花温泉で星野健司『阿賀野川のさかなたち展』開催!★阿賀野川流域イベント情報vol.144

★阿賀野川アート紀行・星野健司『阿賀野川のさかなたち展』

平成26年8月10日(日)~31日(日)まで、五泉市咲花温泉の2旅館「望川閣」「碧水荘」を会場に、阿賀野川アート紀行・星野健司『阿賀野川のさかなたち展』が開催されます!(※アートコーディネーターはSATO HARUO氏)

星野健司「阿賀野川のさかなたち展」チラシ

大河・阿賀野川の澄んだ水中から、アユやフナ、ウグイやニゴイなどを眺める不思議な感覚。彫刻家として名高い新潟市出身・在住の星野健司さんが描き出す、私たちの身近に流れる阿賀野川の別世界をご覧になれます。うだるような夏の暑さを一瞬だけ忘れて、咲花温泉の会場にてご覧になりませんか?

アイヌ語で阿賀野川は清い川だという。ここで生きる臨場感に溢れ、迫力に満ちた星野のさかなたち。

イワナ図(468×690㎜・水彩・紙)
イワナ図(468×690㎜・水彩・紙)

★阿賀野川アート紀行・星野健司『阿賀野川のさかなたち展』

  • 開催期間:平成26年8月10日(日)~31日(日)10時~17時
  • 開催場所:咲花温泉望川閣(0250-47-1000)/咲花温泉碧水荘(0250-47-2011)※両会場とも入場無料

阿賀野川の野性的な自然と悠久の時に包まれた歴史と文化。この地層のように堆積した特性を生かし、咲花温泉では、アートを触媒に新たな地域創造として、『阿賀野川芸術祭』を構想中です。ステージは阿賀野川の中流域。この実現の第一歩として、阿賀野川アート紀行・星野健司『阿賀野川のさかなたち展』を開催します。(アートコーディネーター・SATO HARUO)

スカイベンジャーとしてのニゴイ(246×332㎜・水彩・紙)
スカイベンジャーとしてのニゴイ(246×332㎜・水彩・紙)

オイカワの産卵場のナマズ(515×725㎜・アクリルボード)
オイカワの産卵場のナマズ(515×725㎜・アクリルボード)

★星野健司 略歴

1951年 新潟市(旧西蒲原郡巻町)に生まれる。
1976年 多摩美術大学大学院彫刻専攻修了
1978年 個展(くぬぎ画廊・銀座)
1983年 個展「星野健司彫刻展と素描展・不可思議の森」(新潟県立博物館)
2010年 企画「関根哲男vs星野健司」(ゲットムーンギャラリー・新潟)
2012年 「GUN 新潟に前衛があった頃」(新潟県立近代美術館)
2013年 星野健司3連続彫刻展(東京、新潟、長岡)

◇2014年までに47回の個展開催

この他、「大地の芸術祭」「YOKOHAMA BIENNALEN」などに多数参加。

◇その他近況など
最近は彫刻の他に、博物学的主題による水彩画・版画などを制作。現在、新潟市西蒲区巻(旧巻町)に在住。

★会場:咲花温泉の地図

◆星野健司『阿賀野川のさかなたち展』チラシ(PDF1.2MB)
※会期が延長され、8月31日(日)まで展示することになりました!
https://aganogawa.info/wp-content/uploads/2014/08/452d76c6a7128e145521c64406465d87.pdf

◆咲花温泉旅館協同組合ホームページ
http://www.sakihana.jp/

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  平成30年度で10回目を迎えるFM事業(阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業)のパネル巡回展。 今回は「貴重な写真でたどる 昭和30~40年代の日本、高度経済成長の光と影 躍進する日本経済の陰で、四大公害が投げ …

阿賀野川流域からの学びを、次世代へ継承していくために ◆巻頭言:地域と連携した学びを後押しする様々な試みを通じて  FM事業(※)では、阿賀野川流域の歴史や文化から様々な環境学習プログラムを生み出し、「あがのがわ環境学習 …

カレンダー

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク