【8/2(土)&8/3(日)】会場は新潟市江南区・北方文化博物館!映画「阿賀に生きる」~阿賀野川遡上計画~上映会開催★阿賀野川流域イベント情報vol.136

★第3弾!映画「阿賀に生きる」~阿賀野川遡上計画~上映会開催!

記念すべき第1回は阿賀野川の河口の町・新潟市北区松浜、
2回目は対岸の新潟市東区津島屋、そしてお待ちかねの3回目は新潟市江南区沢海「北方文化博物館」にて開催が決まった、映画「阿賀に生きる」~阿賀野川遡上計画~上映会!

10360624_668392026563157_5540331896413999621_n

今回は会場のスペースに限りがあることから、事前申込制とのことですので、ご覧になりたい方はお早めにお申込みをお願いいたします☆

★映画「阿賀に生きる」~阿賀野川遡上計画~上映会 開催概要

  • 開催日時:平成26年8月2日(土)及び3日(日)
    両日ともに13時30分~(開場13時~)
  • 会場:北方文化博物館 屋根裏ギャラリー(新潟市江南区沢海2丁目15-25)
  • 料金:無料(カンパ箱を設置します。お気持ち頂ければと幸いです。)
  • 申込:必要。下記お問合せ先の担当・平岩さんまで、電話またはメールにてご連絡ください。
  • 内容
    ・映画「阿賀に生きる」上映
    ・「阿賀に生きる」のスチールカメラを担当された村井勇さんと映画完成時の上映会に携わった大高正嗣さんの写真展を同時開催予定!
  • お問合せ先:阿賀野川遡上計画代表 平岩史行さん(電話080-3142-1684、aganogawa210@gmail.com)

阿賀野川遡上計画~鮭のように、母なる川を遡らせたい~
『阿賀に生きる』は約22年前に阿賀野川で生まれ、全国へ旅立った映画です。その旅は今もなお続き、その先々で多くの人の心を動かしています。この素晴らしい新潟の宝物のような映画を、鮭のように母なる川を遡らせたい。そう思い『阿賀野川遡上計画』を立ち上げました。そして、映画制作の発起人である旗野秀人さんや映画に携わった多くの方々から多大なるご協力・ご支援を頂き、2013年9月16日に阿賀野川河口の街である新潟市北区松浜からスタートし、2014年4月13日に対岸の街である新潟市東区津島屋で上映会を開きました。
そして今、素敵な出会いと更なる協力があり、阿賀野川流域を中心に新たな奇跡が起きています。今回は、阿賀野川流域の宝である『北方文化博物館』での上映が実現致しました。上映時間前後の時間には、ぜひ見学してみてください。とても美しく、素晴らしいところです。
この上映会は、会場ごとに『映画+“何か”』を企画しています。阿賀野川の文化、歴史、恵みに触れられるイベント等も考えています。何度来ても新しい気づきと出会いがある上映会にしたいと思っています。会場でお会いできることをとても楽しみにしております。
(文・阿賀野川遡上計画代表 平岩史行)

★会場「北方文化博物館」地図

○住所:新潟市江南区沢海2丁目15-25、駐車場400台完備。
○車の場合:JR新津駅より約5分、新潟駅からは約20分、亀田ICからは約15分。
○バスの場合:万代シティバスセンター発、沢海経由新津行き、「上沢海博物館前」下車、徒歩2分。

◆映画『阿賀に生きる』公式ホームページ
http://kasamafilm.com/aga/

◆ブログ 映画『阿賀に生きる』-阿賀野川遡上計画-
http://aganogawa210.blog.fc2.com/

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

注目情報

2017/12/25

大迫力!小阿賀野川の鮭ウライ漁を取材しました★

10月始めあたりから11月下旬か12月上旬あたりまで

阿賀野川で毎年、秋から冬にかけてのシーズンに、たくさんの鮭が漁獲されます★ 鮭と言えば、村上・三面川の鮭が有名ですが、遡上する規模で言えば阿賀野川の方が多いんです! サケ・マスの増殖と採捕は表裏一体 ところで、季節になる …

  平成29年度で9回目を迎えるFM事業(阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業)のパネル巡回展。 今回は「貴重な写真でたどる 阿賀野川の川業(川砂利・漁業・筏流し・船頭)が盛んだったあの頃~川業の隆盛と衰退、新潟水 …

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク