2014年01月28日

カテゴリー:未分類

明日1月29日から新潟県庁ギャラリーにてパネル「阿賀野川と大地が織りなす光と影【前編】~大河と共に生きてきた松浜・横越~」を展示します☆

H24【メイン1】タイトル

明日1月29日(水)より、新潟県庁2階西回廊ギャラリーにおいて、昨年度FM事業で作成したパネル作品「阿賀野川と大地が織りなす光と影【前編】~大河と共に生きてきた松浜・横越~」の展示が始まります!

かつて、阿賀野川下流域の松浜・横越では、大河と主要街道が交差する要衝として、人々が賑やかに行き交い、ブランド川鮭の豊漁など阿賀野川の様々な恩恵を享受してきました。
やがて、新潟水俣病が表面化した昭和40年代を境に地域社会は急速に変容を遂げます。
このパネル展では、地域の未来を切り開くために、この地域の光と影の記憶を見つめ直し、流域の未来へどのようにつなげていくかを探ります。(新潟県HPより)

IMG_2968

IMG_2963

パネルは2階食堂脇の通路の壁に展示してあります☆
まだご覧になっていない方や、県庁にお出での際はぜひ足をお運びください!

◆県庁ギャラリー展示スケジュール
〇展示期間:平成26年1月29日(水)~2月17日(月)
〇公開時間:平日8:30~17:15(平日のみ、最終日は13:00頃まで)
〇展示会場:新潟県庁2階西回廊ギャラリー
(住所:新潟市中央区新光町4番地1)

◆新潟県ホームページ
〇トップページ
http://www.pref.niigata.lg.jp/
〇県庁ギャラリーのお知らせ・2階(平成26年1月29日~2月17日)
http://www.pref.niigata.lg.jp/bunkashinko/1356776562397.html

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク