2014年01月20日

カテゴリー:未分類

【1月26日(日)まで】野田英世・町歩きスケッチ展@新潟市北区「てんゆう花」★阿賀野川流域イベント情報vol.112

★町歩きスケッチ展が新潟市北区「てんゆう花」にて開催中!

「豊栄出会い録~野田英世・町歩きスケッチ作品展」が、新潟市北区の「ギャラリー&集いのスペース・てんゆう花」にて、1月26日(日)まで開催されています♪

豊栄出会い録~野田英世・町歩きスケッチ作品展@てんゆう花(新潟市北区)

野田英世さんは長岡市生まれで、建築士として「生きた暮らし」を訪ねて、町歩きとスケッチ活動を行っているそうです。絵を眺めていると、まるでその通りに佇んでいるかのような不思議な気分になる、とても味わい深いスケッチ作品ですね★

★豊栄出会い録~野田英世・町歩きスケッチ作品展

  • 期間:平成26年1月18日(土)~26日(日)(※会期中無休)
  • 場所:ギャラリー&集いのスペース・てんゆう花(新潟市北区木崎2番地
  • 時間:10時~17時
  • お問合せ:てんゆう花(電話025-387-4110)

 
てんゆう花
てんゆう花・iタウンページより引用)
 

大きな地図で見る

◆ギャラリー&集いのスペース・てんゆう花・iタウンページ
http://nttbj.itp.ne.jp/0253874110/index.html
Oギャラリー&集いのスペース・てんゆう花フェイスブック
https://www.facebook.com/pages/%E3%81%A6%E3%82%93%E3%82%86%E3%81%86%E8%8A%B1/475897749162281

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク