2014年01月14日

カテゴリー:未分類

【恋の季節の水鳥観察】恋する潟へ出かけよう@福島潟★阿賀野川流域イベント情報vol.107その①

★2月11日(火・祝)に水鳥観察会を福島潟で開催!

2月11日(火・祝)に水鳥観察会をビュー福島潟で開催します!お申込はお早めに!

冬の福島潟の水鳥たち
(「水の公園福島潟ホームページ」より引用)

90年代に「恋する惑星」(ウォン・カーウァイ監督)という映画が話題になりましたが、「恋する潟」って面白い惹きつけられる言い方です。潟に集まった水鳥がペアをつくる時期…という意味なんですね♪ 冬は人間は家に閉じこもりがちですが、水鳥たちには熱い恋の季節が到来していますので、興味のある方はぜひお申し込みください!

恋の季節の水鳥を観察しよう。マガモやコガモをはじめ、色あざやかなトモエガモ、ヨシガモ、ミコアイサなどのカモたちや、かっこいいオオワシ、オジロワシも見られるかも。
観察会のあとは簡単な工作をします。オオヒシクイの大好物のヒシの実でストラップを作り大切な人にプレゼントしよう。
(「水の公園福島潟ホームページ」より引用)

  • 日時:平成26年2月11日(火・祝)10時~12時
  • 場所:水の公園福島潟・水の駅「ビュー福島潟」
  • 定員:20名(要申込・先着順)
  • 参加費:入館料のみ(一般400円/小中高生200円)
  • 持ち物:暖かい服装・双眼鏡(貸出可)
  • 雨天時:館内で鳥のおなはし会とストラップ作りをします。
  • お問合せ・お申込み先:水の駅「ビュー福島潟」
    (電話 025-387-1491/FAX 025-384-1200)


大きな地図で見る

◆水の公園福島潟ホームページ
http://www.pavc.ne.jp/~hishikui/
O恋する潟へ出かけよう
http://www.pavc.ne.jp/~hishikui/event/event/koisuru/index.html

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀上流域と下流域のつながりの「学び直し」を目指して ◆巻頭言:下流域の水との闘い、上流域の近代産業から、阿賀流域の光と影を学ぶ   このたびは、令和元年台風第19号に伴う災害により、阿賀野川上流域などで被害を受けられま …

阿賀流域の今昔をめぐる多様な「学び直し」を目指して ◆巻頭言:地域の過去や現在を学ぶ中から様々な光と影を再発見する試みを  長く水俣病問題に苦しんできた熊本県水俣市では、90年代初頭から「もやい直し」(※水俣病で壊れた地 …

カレンダー

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク