2009年08月14日

カテゴリー:未分類

里芋まんじゅう!?

事務局Yです。
今週水曜日に、五泉市一本杉桑山集落を訪問しました。
早出川と阿賀野川に囲まれた肥沃な大地で、畑作と米づくりが盛んな地域。
久しぶりに照った太陽の光のもと、青々と揺れる田園を眺めていると、何だか心が洗われるようです。ちなみに、この辺り一帯は「巣本(すもと)地域」と呼ぶれています…。

この巣本地域では、古くから、住民・農協・行政が一体となって健康づくりを推進する組織を運営してきたとのこと。今日はその会長さんのお宅にお邪魔して、ロバダンのお願いに伺ったという次第です。

さて、会長さんの興味深い数々のお話の中でも、
とりわけ、食いしん坊の私の心を掴んだのが「里芋まんじゅう」のお話!

五泉市ホームページから掲載

五泉市ホームページから掲載

巣本地域の里芋は「帛乙女」(きぬおとめ)という非常に有名なブランドです!
それは知っていたのですが、ま、まんじゅうになっているなんて…!
一言聞いただけで、ハートを射抜かれました。
絶対に食べたいです!
(あんこ入りときんぴら入りがあるそうです!)

今は時期ではないとのこと(泣)
いずれ是が非でも賞味して、レポートを届けたいと思います!

◆五泉市ホームページ
○トップページはこちら
http://www.city.gosen.niigata.jp/
○里芋の紹介ページはこちら
http://www.city.gosen.niigata.jp/7/107/000137.html

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀野川流域の教育を、実り豊かにしていくために ◆巻頭言:実り豊かな教育環境を生み出す地域との協働を模索して  新潟水俣病問題が今も続く阿賀野川流域の地域再生を目指して、およそ10年前から始まったFM事業ですが、その間に …

  平成30年度で10回目を迎えるFM事業(阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業)のパネル巡回展。 今回は「貴重な写真でたどる 昭和30~40年代の日本、高度経済成長の光と影 躍進する日本経済の陰で、四大公害が投げ …

カレンダー

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク