2013年12月05日

カテゴリー:未分類

【福島潟】クリスマスリースを作りませんか?by福島潟めぐみの会★阿賀野川流域イベント情報vol.85その①

クリスマスリース(福島潟めぐみの会)

NPO法人ねっわーく福島潟さんのブログ「潟にはまって さあ大変!」に掲載された、福島潟めぐみの会さん主催の「クリスマスリースを作る会」をお知らせします♪ 潟の恵みである木の枝や実を使って作るようですよ★

★「クリスマスリースを作る会」
木の枝や実は 潟の恵み・宝物!ノブドウのツルをベースに今年の「クリスマスリース」を作りませんか?

  • 日時:2013年12月11日(水)午前10時~午後0時
  • 場所:水の駅「ビュー福島潟」地下工作室
  • 参加費:1,000円(コーヒーショップまこものコーヒー券付き)
  • 持ち物:工作用ハサミ・カッター
  • 募集人数:先着10名
  • 問合せ・申込み先:福島潟めぐみの会(TEL/FAX:025-387-0284)コーヒーショップまこも内(NPO法人ねっとわーく福島潟・新潟市北区前新田乙水の駅「ビュー福島潟」内)

上記写真のリースではススキを使い秋の雰囲気ですが、今回は松ぼっくりなどを使いクリスマスらしく飾ります。

◆水の駅ビュー福島潟ホームページ
http://www.pavc.ne.jp/~hishikui/
◆NPO法人ねっわーく福島潟ブログ「潟にはまって さあ大変!」
http://network-fukushimagata.at.webry.info/
O【お知らせ】クリスマスリースを作りませんか?
http://network-fukushimagata.at.webry.info/201312/article_1.html

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク