2011年10月24日

カテゴリー:未分類

咲花きなせ堤河床 完成!

ご報告が遅くなってしまいましたが、9月29日(木)に咲花温泉水中花火と「咲花きなせ堤河床」の竣工記念式典が開催されました!

河床はこんな感じ☆
名前の「きなせ」は「来てください」という意味の方言です!

目の前を流れるのが阿賀野川!

目の前を流れるのが阿賀野川!

また竣工記念式典では、地元の「雷太鼓」の演奏もあり、迫力いっぱいでした!

IMG_5427

ここ「咲花きなせ堤河床」で、心地よい風に(たまにダシの風が強いですが、それも良い!)吹かれながら、のんびりと過ごす時間はとても贅沢♪
なお河床には誰でも出入りができますが、飲食物の持ち込みは禁止されています。
咲花温泉組合の旅館が提供している阿賀野川の恵みや地元の食材を使用した「川床弁当」を予約すると、このようにイスやテーブルを並べてお弁当を食べることができます☆

さて、こちらの「川床弁当~秋バージョン」は、碧水荘さん作☆

IMG_5959

五泉市の里芋「帛乙女(きぬおとめ)」を使用した里いもまんじゅうあんかけや、里いもボール(コロッケ)、レンコン「五泉美人」のはさみ揚げ、村松栗、阿賀野川で獲れた川ガニと南蛮味噌のコラボ「もくず蟹味噌」、鮭のきのこクリームがけなどなど、こんなにもたくさんの地元食材を使用したお弁当は初めて!
そして阿賀野川で獲れた川ガニ汁も、「川床弁当」にピッタリ!!

IMG_5969

また一水荘さんが作られた、阿賀野市の神田酪農さんの牛乳を使用した「クリーム豆腐」も頂きました♪

IMG_5972

濃厚な牛乳の味でうんまい♪
皆さんもぜひ「咲花きなせ堤河床」で、ゆったりとした時間を満喫してみてください!

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク