2011年07月27日

カテゴリー:未分類

新潟大学での講義 その2

7月19日(火)に、新潟大学人文学部の学生さんに向けて授業を行ってきました!
(6月8日(水)の講義風景はこちら!)

IMG_4297

今回もY事務局長が教壇に立ちました☆

IMG_4301

講義の中で、「活性化」「人材」「交流」等の何気なく使っている言葉の意味とは何かを問いかけたり、「新潟水俣病はまだ終わっていない、というフレーズがよく使われているが、何がどのように終わっていないのか、またそれを解決するにはどうしたらよいと考えるか。」というテーマのレポートを課題とするなど、問題提起をしながらの講義となりました。
学生の皆さんには問題意識を持ってもらうことができたかなと思っています!

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀上流域と下流域のつながりの「学び直し」を目指して ◆巻頭言:下流域の水との闘い、上流域の近代産業から、阿賀流域の光と影を学ぶ   このたびは、令和元年台風第19号に伴う災害により、阿賀野川上流域などで被害を受けられま …

阿賀流域の今昔をめぐる多様な「学び直し」を目指して ◆巻頭言:地域の過去や現在を学ぶ中から様々な光と影を再発見する試みを  長く水俣病問題に苦しんできた熊本県水俣市では、90年代初頭から「もやい直し」(※水俣病で壊れた地 …

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク