2011年07月27日

カテゴリー:未分類

新潟大学での講義 その2

7月19日(火)に、新潟大学人文学部の学生さんに向けて授業を行ってきました!
(6月8日(水)の講義風景はこちら!)

IMG_4297

今回もY事務局長が教壇に立ちました☆

IMG_4301

講義の中で、「活性化」「人材」「交流」等の何気なく使っている言葉の意味とは何かを問いかけたり、「新潟水俣病はまだ終わっていない、というフレーズがよく使われているが、何がどのように終わっていないのか、またそれを解決するにはどうしたらよいと考えるか。」というテーマのレポートを課題とするなど、問題提起をしながらの講義となりました。
学生の皆さんには問題意識を持ってもらうことができたかなと思っています!

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク