2011年07月27日

カテゴリー:未分類

新潟大学での講義 その2

7月19日(火)に、新潟大学人文学部の学生さんに向けて授業を行ってきました!
(6月8日(水)の講義風景はこちら!)

IMG_4297

今回もY事務局長が教壇に立ちました☆

IMG_4301

講義の中で、「活性化」「人材」「交流」等の何気なく使っている言葉の意味とは何かを問いかけたり、「新潟水俣病はまだ終わっていない、というフレーズがよく使われているが、何がどのように終わっていないのか、またそれを解決するにはどうしたらよいと考えるか。」というテーマのレポートを課題とするなど、問題提起をしながらの講義となりました。
学生の皆さんには問題意識を持ってもらうことができたかなと思っています!

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

これまで「阿賀野川え~とこだプロジェクト(事業名:阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業/略称:FM事業)」で制作してきたパネル作品は、展示をご希望の方に貸し出しをしています。 展示を希望する方は、以下の留意点につい …

阿賀野川流域の地域再生が10年を迎えて ◆巻頭言:この10年の成果を踏まえた新たな1年を迎えるに当たって   新潟水俣病問題が今も続く阿賀野川流域において、「FМ事業」(※1)と呼ばれる地域再生の取組がスタートして、およ …

カレンダー

2020年5月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク