新潟水俣病50年2015現地調査~現地に立って考える

150913-現調チラシ-_ページ_1
 
毎年恒例で新潟水俣病共闘会議が主催する、新潟水俣病関連の流域スポットを巡る現地調査。
昭和電工㈱鹿瀬工場や阿賀野川を眺めながら、被害者の話に耳を傾け、これからの社会のあり様も考えます。
 

新潟水俣病は本年6月をもって公表50年を迎えました。
しかし、いまなお100名を超える被害者が、水俣病患者としての認定と補償を求めて、認定申請をしたり裁判所に訴えているように、水俣病は解決していません。
発生源の昭和電工鹿瀬工場や阿賀野川を見ながら、被害者の話に耳を傾け、当時のように思いを馳せつつ、問題解決のためにどうするのか。これからの社会のあり様にも触れながら、ともに考え、共有したい思います。ご参加ください。
(新潟水俣病50年2015現地調査チラシより引用)

 

開催概要

  • 実施日時:平成27年9月13日(日)8時50分~17時(予定)
  • 集合場所:総合生協新潟支局向いに8時50分に集合(※解散は新潟駅周辺)
  • 当日内容:
    1. 現地視察:旧昭和電工鹿瀬工場やその周辺を、長年水俣病問題にかかわっている医師、弁護士、被害者団体の事務局が案内します。
    2. 被害者懇談:阿賀町、阿賀野市、新潟市の3つのコースに分かれて被害者と話し合います。
  • 参加費(バス代・資料代):大人3000円、学生1000円(※振込や当日現金支払い)
  • 持参品:昼食・飲み物は各自で用意してください。
  • 参加定員:先着順60名
  • 申込方法:氏名・住所・携帯番号(※なければ自宅番号)・FAX/メール等・団体/所属(※あれば)を明記の上、FAXでお申し込みください。
  • お申込み・お問合せ先:新潟水俣病共闘会議(電話025-281-2466/FAX025-281-8101)

 

集合場所のアクセス


 

新潟県平和運動センターホームページ

http://niigataheiwa.jimdo.com/

新潟水俣病50年2015現地調査チラシ(PDF:384KB)

https://aganogawa.info/wp/wp-content/uploads/2015/08/2316c2dad14ece265324b8f3f83aab68.pdf

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  平成30年度で10回目を迎えるFM事業(阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業)のパネル巡回展。 今回は「貴重な写真でたどる 昭和30~40年代の日本、高度経済成長の光と影 躍進する日本経済の陰で、四大公害が投げ …

阿賀野川流域からの学びを、次世代へ継承していくために ◆巻頭言:地域と連携した学びを後押しする様々な試みを通じて  FM事業(※)では、阿賀野川流域の歴史や文化から様々な環境学習プログラムを生み出し、「あがのがわ環境学習 …

カレンダー

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク