2014年01月23日

カテゴリー:未分類

【2月27日(木)まで】新春を寿ぐ和田和之所蔵品展@江南区文化会館★阿賀野川流域イベント情報vol.その

★亀田郷に関わりが深い文人墨客の作品を展示!

和田和之さんが所蔵する文人たちの作品展が、
2月27日(木)まで江南区郷土資料館にて開催されています。

和田和之所蔵品展森有一「春駒」
森有一「春駒」(新潟市江南区ホームページより引用)

江南区にお住まいの和田和之さんが所蔵する作品の中から、新春にふさわしい書画や工芸作品を展示しています。和田大明や渡辺鉄岑など、亀田郷にゆかりのある文人墨客による作品の数々をご覧ください。
新潟市江南区ホームページより引用)

★和田和之所蔵展概要

  • 期間:2月27日(木)まで(※毎週金曜・1月26日・29日・30日休み)
  • 時間:10時~19時(※日・祝は10時~17時)
  • 会場:江南区郷土資料館(江南区文化会館内)
  • 料金:入場無料
  • お問合せ:江南区郷土資料館(電話025-383-1001)

 

大きな地図で見る

◆新潟市江南区文化会館ホームページ
http://www.city.niigata.lg.jp/konan/torikumi/bunkakaikan/index.html
O新潟市江南区郷土資料館
http://www.city.niigata.lg.jp/konan/shisetsu/yoka/bunka/kounankyodo.html
O新春を寿ぐ和田和之所蔵品展(江南区役所だよりhtml版)
http://www.city.niigata.lg.jp/konan/kohoshi/kuyakusho/h26/konan_0105/konan_162_3.html

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク