2013年11月23日

カテゴリー:未分類

荘厳な雪の中の紅葉@阿賀町実川渓谷 in 2013

前回記事「まだ紅葉がキレイだった!@阿賀町向鹿瀬・角神in2013」の続きです。

実は当日の本来の目的地は、阿賀町鹿瀬地域の奥にある「実川(さねかわ)渓谷」でした。昨年ドライブしたところ、渓谷の山々全体が燃えるような赤に包まれており、しばし言葉を失うほど荘厳な風景だったのです。今年の紅葉は天候不順が続き昨年ほどではないとの評判ですし、阿賀町はすでに所々積雪がありますので、どうかと思ったのですが…

1.実川入口

実川渓谷に入ると雨が激しくなり視界不良。山あいの沢や渓谷からもやが立ち上ります。
それでも奥地へ進むと、やがて橋が現れ、実川渓谷を横断し左岸側へと道は続きます。

2.実川橋紅葉

3.実川橋紅葉

この橋の欄干から実川渓谷を望むと、吸い込まれそうな雪と紅葉と清流の絶景。

4.実川橋紅葉

造成された庭園などの紅葉ももちろん美しいですが、大自然の紅葉は何より全身に訴えかけてくる迫力があります。中でもここは、山あいを縫う渓谷の細道で、空をのぞいた見渡す限りが紅葉に包まれます。実川渓谷は、あまり知られていない紅葉の名所なのです。

5.実川渓谷紅葉

6.実川渓谷紅葉

ちなみに、実川は昔から発電の渓谷としても知られています。

ただし、阿賀野川のような大河ではないためダム式発電ではなく、上流で取り込んだ水を巨大な暗渠パイプを通して下流へと流し、その落差で発電させる水路式発電です。かつてはもっと盛んだったようですが、経年劣化した発電設備は撤去され、山道の途中では下の写真のようにその痕跡も見ることができます。

7.実川渓谷紅葉

やがて道は山奥の小さな集落・小荒地区に出ます。まだ人々が生活しており、撮影時も集落の方々を乗せたバスとすれ違いました。

8.小荒集落紅葉

9.小荒集落紅葉

10.小荒集落紅葉

11.小荒集落紅葉

この集落付近から見える紅葉も絶景でした。ただし、当日はこの先雪崩の恐れがあり、関係者以外の通行が制限されていたため、やむを得ず引き返してきました。

12.実川渓谷紅葉

当日でも道路にはそれなりに積雪がありましたので、ノーマルタイヤでの走行は大変危険です。渓谷の道路ですので、すれ違えないくらい道が細かったり、ガードレールがない箇所も多く、落葉で道路がぬかるみ大変滑りやすくもなっていました。

すでにかなり落葉が進んでいると思われますので、ぜひ来年の紅葉見物の候補に入れていただければと思います。

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

これまで「阿賀野川え~とこだプロジェクト(事業名:阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業/略称:FM事業)」で制作してきたパネル作品は、展示をご希望の方に貸し出しをしています。 展示を希望する方は、以下の留意点につい …

阿賀野川流域の地域再生が10年を迎えて ◆巻頭言:この10年の成果を踏まえた新たな1年を迎えるに当たって   新潟水俣病問題が今も続く阿賀野川流域において、「FМ事業」(※1)と呼ばれる地域再生の取組がスタートして、およ …

カレンダー

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク