2011年06月29日

カテゴリー:未分類

実川渓谷のブナ原生林にて環境学習★

本日は、地元をよく知るガイド役の方々と共に、
阿賀町鹿瀬の実(さね)川渓谷沿いにあるブナ原生林の現地観察!

本日はあいにくの天気でしたが、
山の神様の機嫌を損ねなかったためか、
時折、お天道様も顔を覗かせてくれました…。

IMG_4082

渓流や山の沢からは、湿気を多く含んだ空気が
水の冷たさに触れて水蒸気となり、白いもやが立ち上っています。
渓谷沿いは、まるで山水画のような風景の連続でした…。

IMG_4119

IMG_4122

また、渓流の要所には水力発電所。再生可能エネルギーの一種ですが、
太陽光や風力より効率が良い。しかし、自然環境には多くの負荷をかけてしまう…。
エネルギー問題は、やはり「バランス」が難しいですね。

途中、ブナやミズナラ、カエデ、トチなど天然の混成林も見学。
春の新緑や秋の紅葉は息を飲む絶景とのこと!

その後、長くて真っ暗なトンネルを抜けて、いよいよブナ原生林に到着。

IMG_4144

さらに林道から奥へ入ると、数種の巨木が所々に生育する不思議な空間が…。

IMG_4170

実川の一本杉と呼ばれた巨大な天然杉!
人工杉と比べて、やはり迫力が断然チガいます…。

そして、節くれだったブナの大木!

IMG_4187

十日町松之山の有名な「美人林」ならぬ
「熟女林」とネーミングして売り出す?
…と一行の笑いを誘う熟練ガイド。

IMG_4180

澄んだ清水を一口いただいて、本日は帰路につきました。
今回は、ガイドの方の知的興味をそそる見事な案内のおかげで、
素晴らしい環境学習を体験させていただき、とっても充実★

自然の情景の素晴らしさもさることながら、
実は案内していただくガイドの方の技量もまた
参加者の体験の質を大きく左右することを学び、
大変貴重な現地視察となりました!

それにしても、阿賀町の奥地は上川と言い鹿瀬と言い、
ブナ原生林を始めとした多種多様で豊かな植生の山林に覆われ、
「水源の里」と呼ぶに相応しい土地だなと再認識した一日でした。

◎過去のブナ原生林の記事はこちら
https://aganogawa.info/archives/4001

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

地域再生の取組のデジタル化を加速する機会に ◆巻頭言:阿賀野川流域の新しい側面をオンラインを通じて再発見するために   昨年度は新型コロナウイルスの感染拡大に翻弄され、今年度の前半も深刻な流行が続きました。ワクチンの接種 …

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

カレンダー

2021年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク