2013年03月17日

カテゴリー:未分類

阿賀野川流域イベント情報Vol. 43 光越窯の器展☆

麒麟山のふもと津川・清川高原で四室連房式登り窯を用いて、日常使いの器を中心に作陶しておられる光越窯さんが、“器”展を開催中!器に宿る土のぬくもりを感じに出かけてみませんか?
会場は新潟市江南区にある北方文化博物館内・西門広場「ステージギャラリー」です。
同敷地内には先日紹介した沢海カフェが並びます。カフェでおなかを満たして、パネル展示も併せてご覧になって頂けたら嬉しく思います。
********************************************
★イベント名称:光越窯の器展

キャプチャ

北方文化博物館カルチャー教室陶芸講座の講師・羽田光範による『光越窯の器展』が開催されます。日常使いの“器”を中心に、お手ごろな“一輪ざし”や、秋の“登り窯作品”を展示販売いたします。講座の生徒さんの作品も展示します。
また会期中、映像作家・杉崎栄次氏によるハイビジョン映像“登り窯の窯焚き風景”を会場で放映いたします。
ぜひお越しください。

〇期間:平成25年3月20日(水)まで
〇時間:朝10時~夕方4時30分
〇場所:北方文化博物館(新潟市江南区沢海2丁目15-25)内
西門広場「ステージギャラリー」(大駐車場よりお越し下さい)
〇料金:入場無料(博物館の見学は有料)
〇主催:阿賀の清川焼「光越窯」・羽田光範
〇問合せ:090-6938-1848(光越窯・羽田光範)

◆北方文化博物館ホームページ
http://www.hoppou-bunka.com/top.html
◆光越窯ホームページ
〇トップページ
http://kouetugama.jimdo.com/
〇予告&告知
http://kouetugama.jimdo.com/%E4%BA%88%E5%AE%9A-%E5%91%8A%E7%9F%A5/

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

注目情報

2017/12/25

大迫力!小阿賀野川の鮭ウライ漁を取材しました★

10月始めあたりから11月下旬か12月上旬あたりまで

阿賀野川で毎年、秋から冬にかけてのシーズンに、たくさんの鮭が漁獲されます★ 鮭と言えば、村上・三面川の鮭が有名ですが、遡上する規模で言えば阿賀野川の方が多いんです! サケ・マスの増殖と採捕は表裏一体 ところで、季節になる …

  平成29年度で9回目を迎えるFM事業(阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業)のパネル巡回展。 今回は「貴重な写真でたどる 阿賀野川の川業(川砂利・漁業・筏流し・船頭)が盛んだったあの頃~川業の隆盛と衰退、新潟水 …

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク