2011年11月17日

カテゴリー:未分類

平成23年度 新潟水俣病講演会を開催します!

ふれあい館スタッフからのお知らせです。
 新潟水俣病公式確認から46年、新潟県立環境と人間のふれあい館では、新潟水俣病への理解を深めてもらい、その経験や教訓を将来に伝えていくため講演会を開催します。
 本年度は、熊本県水俣地域で水俣病の経験と教訓を生かした環境教育旅行に取り組む吉永利夫氏による講演と、新潟水俣病の経験・教訓と地域の再生・融和に向けた取組をテーマとしたパネルディスカッションを行います。

□ 日時 平成23年12月10日(土)14時から17時まで(13時30分から受付開始)
□ 会場 新潟県立生涯学習推進センター 2階 大研修室(新潟市中央区女池南3-1-2)
□ 参加費 無料(ただし、事前に参加申込みが必要です。)
  ・参加ご希望の皆様は、「環境と人間のふれあい館」ホームページから、「チラシ」か「参加申込書」をダウンロードし、環境と人間のふれあい館まで、ファックスかE-mailでお申し込みください。
□ 内容
 ○講 演 「水俣病を伝えるということ…もやい直しに向けて…」
      講師:吉永 利夫 氏(特定非営利活動法人 環不知火プラニング 理事長)
 ○紙芝居 「阿賀野川物語」 読み手 新潟医療福祉大学のみなさん
 ○パネルディスカッション
  ・テーマ:「新潟水俣病の経験・教訓と地域再生・融和の取組のこれからを考える」
       ~行政、NPO、大学、地域の協働による取組。ふれあい館に期待される役割~
  ・コーディネーター:丸田 秋男(新潟医療福祉大学 地域連携担当副学長)
  ・パネリスト
   ・吉永 利夫(特定非営利活動法人 環不知火プランニング 理事長)
   ・山口 庫幸(一般社団法人 あがのがわ環境学舎 事務局長)
   ・近 四喜男(新潟県立環境と人間のふれあい館 語り部)
   ・塚田 眞弘(新潟県立環境と人間のふれあい館 館長)
□主催 新潟県、協力:新潟医療福祉大学
□申込み先 新潟県立環境と人間のふれあい館
 〒950-3324新潟市北区前新田字新々囲乙364-7
 TEL:025-387-1450 FAX:025-387-1451
 ホームページ: http://www.fureaikan.net/
 E-mail:fureai@abeam.ocn.ne.jp 

116 116_2

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  平成30年度で10回目を迎えるFM事業(阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業)のパネル巡回展。 今回は「貴重な写真でたどる 昭和30~40年代の日本、高度経済成長の光と影 躍進する日本経済の陰で、四大公害が投げ …

阿賀野川流域からの学びを、次世代へ継承していくために ◆巻頭言:地域と連携した学びを後押しする様々な試みを通じて  FM事業(※)では、阿賀野川流域の歴史や文化から様々な環境学習プログラムを生み出し、「あがのがわ環境学習 …

カレンダー

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク